2015年02月05日

読切版「ヨアケモノ」が素晴らしい






「ヨアケモノ」最終巻が発売されてから早くも1か月が経過しました

新撰組をヤンキー仕立てに大胆アレンジした「ちるらん」や大河ドラマ「花燃ゆ」で幕末分を補給してはいたものの、もっと「ヨアケモノ」が読みたい…!という衝動は抑えきれませんでした
そんな慢性ヨアケ欠乏症に悩まされていた時、一つ閃きました

読切版の「ヨアケモノ」があったはずでは…?と

調べると、掲載誌は2013年の「ジャンプVS(バーサス)」という増刊誌とのこと
雑誌の名前がわかればこちらのものです

014

カカン!

き、禁書を手に入れてしまった…!
(2ヨアケくらいの出費で状態の良いものを手に入れられました)
獣刃を手にした坂本龍馬の気持ちが少しわかりました。これは昂ります

「ヨアケモノ」の原点である47ページは一体どのようなものなのか!?
よくある連載第1話と全く同じパターンなのか!?
期待と不安が入り混じる中、読み終わってまず浮かんだ感想は
コミックスに掲載してほしかった!の一言に尽きます

2ヨアケを払って手に入れた価値は十二分にありました
連載版と大幅に設定が違ったので新撰…もとい新鮮な気持ちで楽しむことができました

○暁刃朗と朱月刃狼

連載版の主人公・暁刃朗は、相棒・銀の遺志を継いで新撰組に入隊をしました。
銀が憧れた新撰組について何も知らない刃朗が0から学んでいくという設定だったので、
「己には難しいことはわからない…」というのが口癖になっていました。
「難しいことはわからないけど、新撰組にいるから長州は敵」というスタンスで、殺戮マシーン的な一面があったなと思ってしまうのが刃朗でした。

016

一方で読切版の主人公・朱月刃狼は「土方歳三を越える」という明確な目的があり、新撰組に入隊をしました。
これだけで刃狼というキャラクターに筋が通っています。
(連載版も同じ目的を持っていたような節がありましたが、1話で見下されたから見返したい的なニュアンスだったように思います)
他のシーンを見ても長州を知っていたり、沖田さんを「せんせい」と呼んだり
良識のある刃朗という感じです。

それに
獣刃が暴走して女性を殺そうとした敵を、身体を張って制止するシーンは

018

最高に格好良いです。
迷言の刃朗、名言の刃狼という感じでしょうか。

そして、オチを暴いてしまうので申し訳ないのですが
なぜ土方を越えたかったか、という理由もちゃんと描かれています

015

なんと、刃狼は土方の息子だったのだ!(カカン)

連載版も刃狼が主人公だったら良かったかもな…と思ってしまうくらいに47ページの中で無理なく綺麗にまとまっていて、なおかつ魅力がある子でした。

……何だか読切版「ヨアケモノ」の魅力を伝えるというより、連載版の主人公・刃朗を悪く言うばかりの内容になってしまいました。
しかし、刃朗がいてこその連載版「ヨアケモノ」なので、また近いうちに読み返すことで連載版のオモシロさも改めて確認をしたいところです。

最後になりますが

017

沖田さんのドカ食いが素敵です。
外見は連載版の方がメリハリがあって好きですが、この食べっぷりは素晴らしいですね。

いつか短編集などに掲載される日を夢見つつ、それまで大事に保管をしておきます。
電子版で配信されたりしないのかな。
「ヨアケモノ」ファンにはぜひ読んで頂きたい読切版でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 21:05|PermalinkComments(0)ヨアケモノ | 漫画感想

2015年02月04日

今、中村半次郎が熱い!

憂世ノ志士
スパイク・チュンソフト
2015-01-29





PS3のゲーム「憂世ノ志士」を購入しました。
記憶を失った坂本龍馬になってifの幕末を生きるゲームです。
「ダンガンロンパ」シリーズのスパイク・チュンソフトということで意外な展開あり、ぶっ飛んだキャラクターあり、そして王道の熱い展開もあり、と「幕末」という要素だけに釣られて購入したものの、かなり楽しんでいます。
(本命はヨアケ新撰組スタイルでプレイができる(と信じきっている)2月中旬発売の「憂世ノ浪士」です)

このゲームには当然、史実の有名人が沢山登場します。
そんな中で、格好良いなと思わされたのが今回のタイトルにある中村半次郎です。
これから紹介する漫画で出会った中村半次郎とは違ってぶっ飛んだアレンジはされていないものの、
(アレンジされているのかもしれませんが、他のキャラよりは普通のアレンジという印象です)
かなり良い見せ場がありました。あと、斬り合いでは沢山殺されました。強いです。
ネタバレするには早いので、詳しくはプレイしてお確かめください。
公式サイトには半次郎がいませんでした…)

そんな半次郎、漫画作品での印象もかなり強く、自分の中でブームが巻き起こっています。

○「ちるらん」の中村半次郎

013


主人公・土方歳三が今まさに戦わんとしている大ボス・芹沢鴨の同志の前に現れた半次郎。
土方たちと芹沢の同志が全面戦争に…!という展開の直前で現れ、これから戦う敵を喰ってしまうほどの存在感を放つアレンジで驚きました。
(これから戦う敵を喰ってしまうというか、土方たちと戦う前に斬り殺してしまうと本気で思わされました)

9巻の初登場時は顔見せ程度で退いたものの、最新11巻のラストで再登場しました。
今度こそ薩摩示現流による必殺が見られそうですが、
主人公サイドがかなり心もとないので、誰かしら増援が来ないと藤堂が死んでしまいます。

史実の半次郎は明治10年まで生きたそうですが、
「ちるらん」の半次郎はどこで散ってもおかしくない狂人・悪役のオーラが出ているので、
史実と違う方向に進むのか今後に期待です。


○「ヨアケモノ」の中村半次郎

013

出演はわずか5コマ(うち1コマは敗北シーン)なのに、
・もしゃもしゃ食ってる(「ヨアケモノ」キャラの特徴)
・ごわっそ
・どこかで見たマスク
・二人目の「三大人斬り」(一人目は刃朗と戦った岡田以蔵)
・次のページで三人目の「三大人斬り」が出てくる
・戦闘シーンをカットされる
と数多くの特徴を兼ね備えており、ヨアケモノファンの間では一生忘れられないキャラクターになりました
すごい奴だぜ

史実の半次郎は明治10年まで生きたそうですが、
斉藤一にバッサリ斬られたヨアケ半次郎はここで死んだのでしょうか
己には難しいことはわからない……

ちなみにどこかで見たマスクというのは



これですね
ヨアケモノファンの間で半次郎は「きたないカトウナルミ」と呼ばれています。


熱い!と言いつつハマっている作品の3パターンしか紹介できませんでしたが、
史実の人物がアレンジされて登場する作品にいくつも触れることによって、自分の中でのイメージが膨らんでいくのが楽しい!というのがわかってきました。
漫画に限らず、小説、ゲーム、ドラマなど領域を広げて興味のある時代の見聞を広めたいと思った今日この頃でした。
マイブームの幕末に関しては大河ドラマ「花燃ゆ」を見て倒幕側の気持ちを勉強していますが、今のところ「ヨアケモノ」が根を張っているので「倒幕派どもめ……」という気持ちで楽しく見ています。


それにしても「うしおととら」のアニメ化めでたいですね。完全版は必ず買います。
アニメの公式サイトがOPENしています


このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 22:39|PermalinkComments(0)ヨアケモノ | 雑記

2015年02月01日

2015年2月の購入予定

・02/04      集英社     JoJonium 16     荒木 飛呂彦
・02/04      集英社     火ノ丸相撲 3     川田     
・02/04      集英社     NARUTO―ナルト― 72 岸本 斉史
・02/06      秋田書店     実は私は 10     増田 英二
・02/06      秋田書店     弱虫ペダル 38     渡辺 航     
・02/09      講談社     蒼穹のファフナー 1     松下 朋未/XEBEC
・02/10      マッグガーデン     戦国妖狐 14     水上 悟志
・02/12      小学館     鉄楽レトラ 6     佐原 ミズ
・02/17      講談社     七つの大罪 13     鈴木 央
・02/17      講談社     新装版 RED 10     村枝 賢一
・02/19      集英社     ジョジョリオン 9     荒木 飛呂彦
・02/19      集英社     テラフォーマーズ 12     橘 賢一/貴家 悠
・02/19      集英社     ゴールデンカムイ 2     野田 サトル
・02/20      秋田書店     聖闘士星矢 セインティア翔 4     久織 ちまき/車田 正美
・02/23      講談社     宇宙兄弟 25     小山 宙哉
・02/27      小学館     あさひなぐ 14     こざき 亜衣

完結作がいくつかあります。
「RED」が楽しみであり、少し恐ろしくもあり。

このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 19:59|PermalinkComments(0)漫画購入記録・予定