2014年08月09日

読んだ漫画を報告する雑記(02)






「あさひなぐ」12巻

第一印象では一番好きだったのに、巻を重ねるにつれ印象が悪くなっているさくらがメインに。
やす子先生含めて全員が一歩前進した中で、やる気がなかったさくらだけが取り残される、という展開がここで来ることで進級しても全員残ってくれるんだな、と安心できました。日本一になるという最終目標も打ち立てられ、旭も勝てるようになってきて、やっと話が本筋に乗ってきたように感じます。(今までも面白かったんですが、脱・初心者の物語に思えていたので。)
夏之くんが挫折した経緯にも触れられるようで、旭が成長してきたこのタイミングで、というのが素晴らしい構成です。12巻本当に良い所しかないな、と。それと、デートの時の旭は可愛かったです。眼鏡っ子のポテンシャルは高い。
それと、最後になりますが12巻1話目のラスト2ページで、今回も買ってよかったと一発で思わされました。とても好きなセリフと演出です。





「ひらめきはつめちゃん」1巻

ツイッターが面白くて大好きな大沖先生の作品(なんだその評価)。
この作品を知ったきっかけは「イレブンソウル」を雑誌で追いかける為に買ったコミックブレイドで、1巻だけだいぶ前に買っていたのですが、そろそろ続刊も買おうと決意したので久々に読み返しました。
雑誌で読んだ話では、はつめちゃんは大事なことだけを喋る印象があったのですが、1巻の時点だと普通に話していて違和感があったりなかったり。
ギャグマンガは何を書いたらいいかわからないので好きなシーンを挙げると、8話で神々しい感じのエフェクトがぼーっとしているはつのりさんに急に出るところが一番好きかもしれません。
おかあさんがとても仕事が出来そうなのですが、はつのりさんがどうやって結婚できたのかが、はこをどうやって作ったかよりも謎です。
はつのりさんを気にしすぎである。


このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 18:47|PermalinkComments(0)漫画感想 

2014年08月06日

読んだ漫画を報告する雑記(01)

イレブンソウル 12 (コミックブレイド)
戸土野正内郎
マッグガーデン
2013-04-01



「イレブンソウル」1~15巻

この記事を書くために全巻を流し読みしました。
ネットでお勧めをされたのでとりあえず1巻だけを買って停滞し、2巻だけを買って停滞し…というのを繰り返していたのですが、6巻を読んでこれはとてつもなく面白い作品だ!と気付き、最新刊まで揃えた思い出があります。
第弐部はウルスラグナ戦からノンストップで盛り上がり続けたので、好きなシーンだらけです。
いおりんが好きで、WEBサイン会で手に入れた11巻~15巻のうち、3冊に戸土野先生直筆のいおりんイラストが入っています(自慢)。
語り尽くせないくらい大好きな作品なので、この雑記で「イレブンソウル読みました」という報告を何度もできるといいな、と思うのでした。





「NARUTO」70巻

カカシ先生の出番が少ないのに、目が悪くなったり、目を盗られたりと悪い目立ち方をしていたのが印象深い70巻。って、気付けば70巻ですか。
ジャンプの超長期連載の作品で、ナルトから一番最初に終わらせようという意思が感じられたのが何年前だっただろうか…。今だと、またラスボスが入れ替わるんじゃないか、という恐怖すらあります。
ジャンプで最新話まで読んでいますが、マダラがラスボスでよかったのでは…という思いが未だ拭えないのが正直な感想です。
けれども、ナルトが「予言の子」だとするなら、マダラよりも前へ遡って忍者のルーツそのものと対峙する、というのは妥当な展開ではあるのかな、という思いもあるので複雑です。

というわけで、ナルトとサスケが六道仙人と深いつながりがあると判明した巻です。
が、前のでガイ先生VSマダラが見どころの1冊になっているかな、と。作品序盤から引っ張ってきた「死門」の反則性能がこれでもかと描かれました。(たぶん)71巻でナルトが久々にあの技を見せてくれますが、やはり体術は良いです。
もうちょっとでマダラを倒せていた、というのは上忍さすが!と言うべきなのか、ガイ先生強すぎと言うべきなのか。

ネジが死んだ辺りから「輪廻転生で全員生き返るんじゃないか」と言われていますが、ナルトがガイ先生を助けたことで可能性が少し減ったのかもしれません。
作品序盤から引っ張ってきた「死門」を解放したのに助かった、というのは賛否両論ありそうですが。
しかし、こうなるとネジは何故死んだのか…。夢の世界で複数回登場していたのがせめてもの救いでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 22:50|PermalinkComments(0)漫画感想 

2014年08月05日

「惑星のさみだれ」 アニマの転生先を考えてみる

「惑星のさみだれ」でずっと気になっている話です。

当面のラスボスだったアニムスが獣の騎士団とさみだれに敗れた時、彼の転生先が500年前の師匠(秋谷稲近)だと判明します。
今までの9冊からは全く想像が出来なかった驚きの事実に、はじめは前後のシーンが頭に入らないくらいでした。

が、今読むとアニムスの転生先以外にもかなり重要な情報が散りばめられていることがわかります。
少しだけ抜き出してみます。

「輪廻の輪を探せ」
「かいだことのない懐かしい匂い」
「見たことのない懐かしいもの」
「知らないのに好きなもの嫌いなもの」
「そしてそれ(輪廻の輪)は車輪の形をしていると思う」


なんと、次作の「スピリットサークル」の情報が盛り込まれていました。
「スピリットサークル」3巻の時点では、この作品とのつながりはまだ見えていませんが、ここで存在が仄めかされている「輪廻の輪」が同じものなのだとしたら、ゲストで誰か出てくるくらいのサプライズはあるのかもしれません。

少し逸れたので、「惑星のさみだれ」に話を戻します。
アニムスとアニマのやり取りでもう1つ気付いたのが
「アニマの転生先もここで判明しているのではないか?」
ということです。

003

「…いるかな…」と言い、自信が無いアニムスをアニマが後押しして、確信させているように見えます。
(だいぶ強引な解釈ですが。)

この作品にとって「確信すること」が特別な意味を持つのは主人公の夕日が度々見せてくれています。
それを踏まえて、アニマの「いるさ」という確信を受けて、ここでアニムスの運命が確定した、と読み取りました。

この強引な仮説を踏まえて、本題です。
アニマの転生先も、アニムスと同じ500年前ではないでしょうか。

アニムスの転生先・師匠に関わった人物は500年前だと2人います。
ほぼ名前だけ出てきた謎の仙人と、最初の弟子です。

最初の弟子がアニマの転生先だと考えると、全能を得た師匠(若)が、自分が人間だと思い知らされるきっかけの人物ではあるので可能性はありそうです。
つまり、彼がアニマの転生先…ではありません。
(ちなみに、師匠がちゃんと順番通りに弟子の名前を思い出してくれていたら、彼は「たけ」という名前らしいです。意外と可愛い。)

勿論、謎の仙人でもありません。誰なんだお前は。

と、この2人が違うとなると誰もいなくなってしまいました。
…が、よくよく考えると、実は500年前の師匠に関わった人物はもう1人いました。

004

「全てを知るもの」がアニマの転生先じゃないか、と思うんです。

理由は2つあります。
1つ。師匠=アニムス自身が「全てを知るもの」に直接転生したわけではないこと。
1つ。アニムスが死んだ時、アニマが「もっと早く止めてあげられなくてごめん」と泣いたこと。

前者は説の補強なので、後者が大事です。
アニマは間違いなく、次の転生先では自分が直接関わることで兄の運命を何とかしたいと考えたはずです。
幼いアニムスは大人の手によって自分が「かみさま」だと錯覚してしまい、狂った運命を選んでしまいました。
もし、神通力を手に入れた500年前の師匠が、謎の仙人とだけ関わり続けていたら…?
さて、彼はどうなっていたのでしょう。

というわけで、師匠の最期を見ればわかるように、アニマは今度はちゃんとアニムスの運命を救うことができました。
めでたしめでたし。

…これで終わるとアニマが本当に「全てを知るもの」に転生したことになってしまうので、最後に少しだけ補足をします。
アニマがアカシックレコードそのものに転生したとしたら、アニムスが流石に少し可哀想です。また新たなドラマが生まれて、もう1作品出来てしまいそうです。
(「巨大な何か」が本物のアカシックレコードで、アニマがその一部に転生したという考えもあります。)

というわけで、あまり美しくない結論になってしまいますが、
アニマは「(宇宙の)全てを知るもの」ではなく「(師匠=アニムスの運命の)全てを知るもの」に転生した、ということでどうでしょうか。
この2つの何が違うんだ、と聞かれると難しいところではありますが。






このエントリーをはてなブックマークに追加