2017年02月20日

週刊少年ジャンプ12号感想(2017)

ジャンプ全く関係ないですけど、「パズル&ドラゴンズ」のマガジンコラボで「修羅の門」がラインナップされていることに驚いた月曜の深夜でした。
るろうに剣心コラボ復活もおめでとうございます(取ってつけたように)


○ポロの留学記

6連続新連載の3つ目です。ジャンルはコメディーでいいのかな。
魔界で最強の主人公が人間界に降り立つという展開はジャンプだと「ネウロ」「焼野原塵」などがありますが、主人公の目的が「どうせ自分が魔界の継承者になるのは避けられないのだから、人間界で1年間たくさん学んで帰ろう」という1話の着地点は既存の作品とも違うし、奇麗なオチだなと思いました。
あと、デフォルメ絵が多かったですが、見開きでは画力の高さが漏れ出てますね。ガチの強そうな悪魔なんかも見てみたいです。

不快になるキャラクターがおらず読みやすい1話だったんですが(1つ目と2つ目の新連載が個人的には苦手すぎるキャラクターが多いので比較したら3作品中1位)、あまり引っかかる部分がなくて1話ではコミックス買おう!というところまでは行きませんでした。


○火ノ丸相撲


決勝戦の相手・栄華大附属の顔見せ回です。
「ダチ高の上位互換」と言われた異能力士の集団だった鳥取白楼とは違い、栄華大は大型力士が揃っていました。
先週の感想で狩谷を入れたメンバーで組み合わせを予想してみましたが、こう描かれてしまうと彼は出なさそうですね。そうなると桐仁が大型力士と15秒以上戦えるのか不安になってきました。

秘密兵器である外国人力士は強国・ロシアの留学生のようです。それ以上の情報は無いので何とも言えませんが、副将である以上は国宝級の強さがあるのは間違いないので、やはり部長の金星に期待が高まります。
チヒロは両親が離婚している設定があるので、対戦相手の兵藤は再婚相手の関係者とかいう展開もあるのでしょうか。火ノ丸相撲でそんなドロドロした話は無いか。
そして草介は天王寺を倒したことで3メートルくらいに成長してしまいました。という冗談は無しにしても、「静謐の相」を完全に習得していて、格下の相手にすら取組開始の前から使っています。天王寺を倒して完全に覚醒してしまったようで、これはどう勝つのかがわからなくなってきました。

あと、巻末コメントでレイナが川田先生にイジられていたので笑いました。


○鬼滅の刃

パジャマ炭治郎が扉絵のセンターカラー。カラー多くて人気の高さがうかがえます。嬉しいです。あと、右下にチラッと映っている5巻表紙の義勇さんがめちゃくちゃ良いです。

修行編の後編です。前回「前編」という話数タイトルだったので、中編くらいはあるのかなと思っていましたが、さくさく進んでいきますね。
ジャンプ漫画の主人公の修行というとオッサンの師匠キャラが鍛えてくれるイメージがあるので、女性に囲まれて炭治郎が修行している画が楽しげでいいですね。3人娘がヒントをそれと無く出してくれて、でも炭治郎が自力で成長していく構図もいいです。
あと、心の中で鱗滝さんを思い出した時に包丁を持った鋼鐵塚さんが出てくるのは面白すぎました。

しのぶさん今週も美しいですが、ちょっと内面に踏み込み過ぎて恐ろしくなりました。容赦なく殺してくる作品だと勝手に思っているので、炭治郎を理解してくれた柱の誰か(義勇さん以外)が死ぬのは普通にありえる展開で、ここで蝶屋敷の面々がもれなく良い人で、しのぶさんまで優しいとなると今後が怖いです。蝶屋敷壊滅みたいな展開あるんじゃないでしょうか。カナヲが才能めちゃめちゃあるので後任もいますし。
蟲柱が継承される展開は見たくないなあ、と勝手に不安を感じた今週でした。


○歪のアマルガム

最終回その1。
六道は日常に回帰したけれど、妖細胞にまつわる事件は続いていくので戦いもまた続いていくのであった。という終わり方、先週のラストからは想像もできないハッピーエンドでした。
影舟の覚悟が肩透かしになってしまったのは残念でしたが(見せ場も無くなってしまった)、リフレインとなった彼の言葉をきっかけに六道が戻ってきたと思えばいいのかな。
それと、前回、六道が踏切を渡ったシーンでバッドエンドまっしぐらかと思ったので、「踏切を渡った後」の思い出が彼を救ってくれた今週の展開には膝を打ちました。

サラも死んでいるとは思えなかったですし、生還した六道が彌生と恋人同士にならないで歯がゆい関係が続くのも現実的じゃないので結ばれたのも良かったし、「まあそうなるよな」という所も押さえつつ綺麗にまとまったのはよかったです。
ついでに課長双子の兄まで出して、目の傷についてもそれとなく触れてきたのは上手すぎませんか。
しかし、すべてが終わったわけではなく、六道も力を振るい続けることができるというのは想定されていた真の最終回とは違う着地点な気がするので、本当の最終回も見たかった作品でした。
コミックスの描き下ろしを楽しみにしつつ、次回作もまた応援したいです。


○デモンズプラン

最終回その2。
ユースの宿敵・ロブリオンと戦いすぎて気付いたら最終回ですよ。ただ殴り合っていただけなので、もう1週短くしてカルロス視点で1話やってほしかったです。
1話がとても良くて、3話くらいまでは良かったんですけど、悪魔同士の戦い(物語の本筋)が始まったら全く面白くなくなったという謎の作品でした。ボロとカルロスの能力までは良かったですけど、ユースのそよ風とかロブリオンの超再生とか「デモンズプラン」という作品じゃなくても出来ることばっかりで悲しかったですね。
あと、絵の迫力も1話より衰えているのが辛かったです。

特にロブリオン戦は酷くて、終わってみると結局「何の過去も描かれずキャラクターに深みが無い腕が増えるだけのおじさん(ボスとして出てきたのに強いやつに既に負けてる)」だったという。何の欲望を司るかもわかんないままでしたし。
ユースとロブリオンに関しては、作者さんの頭の中にあった2人の設定とエピソードを「デモンズプラン」という作品にくっつけただけという感じがするので、本当に別の作品でやってほしかったです……。
あと、何かダサい感じにさせられて生殺しで放置されたロブリオンですが、収集慾の人がパトロンに殺されたのを考えると、あのタイミングでボロの元に来たパトロンに殺されてますよね。かわいそう……。

ボロが腕の増えるおじさんと戦っている間にカルロスは十愚魔の一席を奪っており、パトロンも実は十愚魔の一人だと明かされたり、情報屋の兄さんも十愚魔だったりと、108人も悪魔出さなくてよかったんじゃないかと思わされる怒涛の設定公開をして終ってしまいました。
「憤怒慾」という訳のわからなさも何かもう……この作品の個性ですよね。
「デモンズプラン優勝」とか「足を杭みてぇに打ち込んだのか」とか言葉のチョイスが変にツボに入ってしまう楽しさもありましたし、最後の一人を決めるまでの戦いが続けばユース(仲間)が死んだりする展開もあったりしたのかな、とか考えると楽しかったので好きな作品ではありました。

コミックスは4月と5月ということなので買います(散々書いておいて買うのかよ)。


【一言感想】
・U19:ヒロインの両親すらクズとして描かれていて、読む気が無くなりました。展開も遅い…。
・僕たちは勉強ができない:主人公のきょうだい(双子)が年齢の割にペラペラ喋るのがもの凄い違和感ありましたね。
・左門くん:アラワーでめっちゃ笑いました。が、ツッコミ禁止回で心の中でツッコミ入れるのはギャグ漫画的にはありなんだろうか。 
・ナンバーワン:クラスメイトがただの良い奴って展開が新連載と被ってしまった…。長谷川先生のことなのでイケメンだけど変態だと思って読んでいたので騙されました。方角が名前に入っているのでメインキャラですね。1巻買って読んだら雑誌で読んだ時よりもかなり面白くてアレ?となりました。
・オレゴラッソ:「バンバゴラッソだ~」って言うコマのヒロインかわいいですね。展開箇条書きの7年ワープは驚きました。途中から(デモンズプランのせいで)印象に残らない作品になってしまったのが悲しい…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 15:27|PermalinkComments(0)ジャンプ感想 

2017年02月15日

「冒険王ビィト」6巻 感想



「あの程度で圧死なんかされちまったら 誰が!?どうやって!!?このオレの怒りを鎮めんだよ!」

グリニデ編佳境の6巻です。
前巻の続きでミルファの顔見せと、ポアラの成長、そしてついに始まったグリニデ戦が収録されています。

ビィト達よりもレベルが高いバスターとして登場したミルファ、なんと初登場で才牙まで披露してくれました。
5巻の感想で「肉弾戦を得意とするようなので、打撃に特化した才牙かな」という予想をしたのですが、巨大なレンチのような才牙でした。確かに物理攻撃力は高そうですが、意外な方向性で驚きました。
ビィトやスレッドの才牙のようにどういった能力を秘めているのかは明言されていないので、今回のように地中に潜った魔物を挟んで押し上げるだけのはずがありません。高さのある金属の塊なのでミルファ自身が雷になって落ちる必殺技の着弾点になるとか、そんな使い方も出てくるのでしょうか。
再登場フラグは立っているので、グリニデ戦に駆け付けてくれる可能性もありそうです。

ポアラもついに活躍です。ついにとは言いましたが、彼女の有する天撃の特質がキッスやミルファとは違うというのを見せるために、自分より優れた天撃使いが2人現れるまでは活躍できなかっただけでした。今後はガンガンやってくれそうです。
炎の得意なポアラ、氷の得意なキッス、雷の得意なミルファと得意分野が分かれてきたのもいいですね。

さて、ついにグリニデ戦です。
「血風!グリニデ城」という表題が付けられているので、「深緑の智将」グリニデが城に仕掛けた罠や魔物にビィト達が苦戦する展開があるのかな、なんて思ったのですが、本性を抑えられなくなったグリニデ自身によって城が壊滅しているという驚きの展開でした。
そしてそのまま流れるようにグリニデ戦へ突入していくわけですが、その前にギリギリ冷静なままで踏みとどまっていたグリニデによって新しい情報がいくつか開示されました。なかでも「八輝星」というワードは今後重要になること間違いありません。ベルトーゼすら未だ届いていない八つ星ヴァンデル…現時点で存在するかどうかもわかりませんが気になりすぎます。

グリニデが真の姿を見せてからは、ずっと彼のターンです。
2話ぶんまるまるバトルしていますが、ビィトたちがこれまで使ってきた技が通用しないという描写ばかりで、グリニデの純粋な強さが際立つバトルになっています。ベルトーゼは偽物だったので本当の意味での大ボス戦はこれが初なので、なんというか読んでいるだけで別格だとわかるのが最高ですね。仮の姿と本当の姿とのギャップも好きです。
ビィトは最後にボルティックアックスを使用し、何とか善戦をできるようになりましたが…まだまだ勝ち目は見えません。増援があるのか、仲間の誰かが覚醒するのか、ビィト自身が覚醒するのかわかりませんが、ここからどう逆転できるかワクワクします。

ノアという新たな七つ星も出てきてしまったので、おそらく次の7巻でグリニデとの決着がつくのでしょう。
気になるのはグリニデが自分の本性が嫌いだから知性の仮面を身につけたかっただけなのか、あるいは七つ星や八輝星に憧れた誰かがいてそうなりたかったのか、というところです。
ダンゴールに見せた最後の優しさでどうにも嫌いになれなくなったので掘り下げや格好良い散り様を期待してしまうのでした。


このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 00:56|PermalinkComments(0)漫画感想 | 冒険王ビィト

2017年02月13日

週刊少年ジャンプ11号感想(2017)

佐伯先生のヒロインポスター、オレゴラッソとデモンズプランのヒロインが誰だかわかりませんでした…

○U19

新連載2つ目は1話の時点では方向性がわからない終わり方でなかなか攻めてるな、と思わされました。
「大人党」という政党が政権を取ったことで、大人が絶対的な力を得てしまい高校生の主人公たちはあらゆる押さえつけを受けながら学生生活を送っている、という設定が、面白さよりも読後感が上回ってしまってキツい1話でした。
主人公が何らかの能力(おそらく「赤い糸」にまつわる能力)に目覚めるようなので、それによって今回出てきたクズの担任教師がどうなるかで2話以降面白く読めるかどうか決まるのかな、という感じです。
糸を使った能力バトルではなくて、能力で改心させていく物語なのかなと勝手に想像しました。暫定ラスボスが総理大臣なので、殴って倒して若者が自由を勝ち得ました、ではあまりにも暴力的すぎる物語なので。
あと、坊主頭にされた女の子がその為だけに出てきたら可哀相なので今後も準レギュラーくらいにしてほしいです。

ヒロインとどうなっていくか、とか、巻頭カラーの5人の髪が赤青黄緑桃なので戦隊ものっぽくなるのかな、とか、アイドルの奴がボスとして登場したら面白いなとか先の展開はけっこう楽しみですし(糸で操る的な意味で黒幕なのかもしれない)、表紙で主人公の中心に描かれた「赤い糸」を境にヒロインと大人が対極にいる構図は良い絵だなと思ったので、良い意味で引っ掛かった気持ちも忘れないで2話以降読んでいきたいです。


○ブラッククローバー


1話で「悪魔が宿る」と言われていたアスタの魔導書の秘密に触れる回でした。
悪魔が意外と話がわかる奴で、そんなに悪い奴でもなさそうで笑ってしまいました。
ついでにアスタ自身に出生の秘密や特別な出自は無いらしい、というのが第3者によって明言されました。これはアスタが這い上がる物語としては良い設定なのかなと思う一方で、「特別な出自を持つ者がいる」という点も新たに示されたので、初読時は「ここで悪魔の力を出す意味があったのか…?」と思ったものの、よくよく考えると巧いですね。悪魔の力を持っている敵がそう遠くない将来出てくるということなのでしょう。

反魔法の力を身に纏ったアスタのデザイン、めちゃくちゃ良いですね。
2年連載をやっているだけあって絵にパワーがあります。
必殺技は魔力を追尾する黒い流星…と、文字にすると「PSYREN」の「暴王の流星」っぽさがありますが(覚えてる人いるのか。PSYRENも10年前の作品…)、あちら同様に主人公が持つには必殺すぎる技なので今後どうなるやらという感じです。
アオリで長かったボス戦が決着したことを先に言われてしまいました。ブラッククローバーのアオリはあんまり好きじゃないです。
今まで超スピードだった作品の進行速度が緩まったエピソードだったなと感じたので、来週以降戻るのか、このままじっくりやるように変わっていくのか気になります。


○鬼滅の刃

善逸が帰ってきました。
「陽だまりの善逸」という情報性の全く無いアオリが面白すぎる冒頭から、
炭治郎たちへのマジギレ、3人の中で一番最初に訓練を先に進める、と大活躍です。
そういえば女性好きとは公言していましたが、初登場(炭治郎が認識したという意味での)に求婚していたくらいでその後は女性との関わりはそんなになかったので、どこまで酷い奴なのかという描写は今回初でしょうか。
声の大きい子ことアオイの手をぎゅっとするコマがとても良いです。

触発された伊之助も成果を出す一方で、炭治郎だけはモチベーションが上がらずというのも彼らしいですね。
そして、彼を先に進めるのは自分の与えた「優しさ」が返ってきた時、というのが好きすぎます。
「柱」とそれに準ずる強さを持つ者は全集中の呼吸を常時続けることができる、と。一気に強くなりそうですがどうやって修得できるのでしょうか。修得したら喋ってくれそうなカナヲも気になります。


○火ノ丸相撲

アオリで不安を煽ってきた「新章」が普通に全国団体決勝で良かったです。

天王寺は高校で2敗したものの、「大相撲で待っている」と潮に心の中でエールを送りました。闇堕ちする可能性も考えていたので、負けた後に潮のガッツポーズを容認する所とかすごく良かったです。が、「俺の気持ち…」という言葉の後は表情が読み取れないのが上手いですね。どんな顔をしているのだろう……。
あと首藤くんが喋ったのにけっこう驚きました。

草薙こと久世草介を擁する栄華大付属もついに団体メンバーお披露目です。草介、チヒロの師匠(仮)、部長、ヒゲの人(副部長?)は明かされていましたが、ここでもう一人外国人力士がいることが判明します。
早すぎますが組み合わせと勝敗予想をしてみます。

先鋒:○桐仁 対 ×狩谷      潮に憧れた者同士の対決
次鋒:×佑真 対 ○敵の部長    佑真は限界を超えていると思う対決
中堅:×チヒロ 対 ○チヒロの師匠  子弟対決
副将:○部長 対 ×外国人     部長の金星が見たい対決
大将:○潮 対 ×草介       再び因縁の対決

全く自信ないです。
とりあえず、ヒゲの人は狩谷に頭下げられて譲りそうかな、と考えてみました。
(選手登録枠が5つ以上あるのは全国前に明言されています)
①桐仁が誰と当たるのか②勝つのか負けるのか③部長が勝ってほしいけど桐仁が勝つためには部長が負けないといけない…などなど難しいポイントが多いです。
部長には勝ってほしいので副将戦を○にしてしまいました。
結果、潮が草介とやる前にダチ高が日本一になってしまったので、チヒロが大相撲を続ける動機として敗北につけてみました。VSモンゴル編(あるのか)でチヒロにいてほしいですし。

さて、今週の主役はレイナでした。
部長を差し置いて喝を入れる役を引き受けるとは…。
しかし、部長はまさに言おうとしていたし、チヒロは勝負の世界に身を置いているから「緩み」については承知しているだろうし(相手を見たら気合も入るだろうし)、蛍は試合に出られないし、桐仁と潮はその場に本来いなかったはずなので、実質、佑真にしか効果がなかったのがレイナらしくて良いですね(佑真はめっちゃシュンとしてる)。


○背すじをピンと!~鹿高ダンス部へようこそ~

最終回です。約2年間で円満終了というのは週刊少年ジャンプでは珍しいですね。
WEBで漫画を描いていたのを止めてプロになると宣言してサイトを閉じて、ジャンプで賞を取ってデビューして、他紙で連載を経験して、という着実なステップを踏んできた横田先生なので、この作品が始まった時に私がまず思ったのが「描きたい題材の中で、ある程度の長さで円満終了できるものを1作目に持ってきたのかな」ということでした。その予想をずっと頭の片隅に置いていたので、何回か前に「これ終わるな」と自然と思えました。そして最終回が来ることも受け入れられました。

競技ダンスという知名度の決して高くない題材で、つっちーはちんちくりんな主人公で、ダンスの才能は平凡で、と色々挑戦的な作品ではあったものの、登場人物たちが感じる「楽しさ」が発信され続けて、この作品を終始牽引してくれたのかなと思います。
つっちーは決して才能のある主人公ではありませんでしたが、土井垣・リオのペアが「つちわたブースト」を使って全国優勝を引き寄せたり、宮大工くんが覚醒するきっかけになったり、周りの才能あるダンサーたちに良い影響を与えているという意味ではやはり主人公だったのでしょう。

そして、「鹿高ダンス部へようこそ!」という言葉が一番似合うのは土井垣部長でも八巻部長でもなく土屋部長ですよね。つっちーという部長がいたからこそ、鹿高ダンス部は今後も続いていくんだろうなと思える描写は短いながらも本当によかったです。

わたりさんの「ありがとう」は言わずもがなでした。
こういうシンプルなフレーズを最後に持ってきて物語が終わるのはいいですね。
最終回の「ありがとう」は「道士郎でござる」をどうしても思い出してしまうので、読みたくなってしまいました。

次作はガチのバトル漫画で看板も狙えるものだと予想しているので、勝手にめちゃくちゃ期待しています。


【一言感想】
・ ワンピース:サンジの泣き顔でグッと来ました。こういう語らないことによる演出、すごいです。
・ ハイキュー:烏野が圧倒的に強いわけではないのに明らかに押してますね。相手の敗退描写でまた泣くんだろうな…
・僕たちは勉強ができない:「眠り姫」とかいうあだ名で授業中の睡眠を許す前に何らかの治療が必要なのでは。 黒髪の方のヒロインのキャラクター性が読んでて厳しいです。
・歪のアマルガム:終盤良すぎるので、この展開が駆け足でしか読めなかったのが本当に残念です。コミックス売れてほしい。
・デモンズプラン:絵にパワーが無さすぎるんですけど、効果音が合ってないんでしょうか…。この前1話から読み返したら悪魔同士のバトルが始まった途端につまらなくなったので、もうちょっと練ってから世に出てきたらよかったのかなと思いました。1話は本当に良かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 23:49|PermalinkComments(1)ジャンプ感想