2017年02月13日

購入報告①(2017)

購入して読んだものの、単体で上手く書けない作品の一言感想をまとめて書く更新です。

内容の性質上アマゾンの単行本リンクが多くなりますが、当ブログはアフィリエイトをやっていませんので、リンクを沢山貼ることをお許しください。 

○「宇宙兄弟」30巻



ムッタとエディが無事生還し、エディはブライアンとの約束を果たすことができました。せりかがムッタの気持ちに気付いた展開がこの巻以前にありましたし、日々人の復活も見えてきて、作品のゴールも少しずつ見えて来た感じでしょうか。 

○「鮫島、最後の十五日」11巻



「バチバチ」シリーズ累計100万部突破おめでとうございます。累計で39冊目なので1冊あたり2万5千部ちょっとと考えるともっともっと多くの人に読んで欲しい作品です。39冊というと「ANGEL VOICE」と次で並びますね。もうそんなに続いているのかと驚きます。
鮫島の身体がまた一つ限界に近づいてしまった闘海丸との取り組みでしたが、白水さんの方も心配です。空流親方や石川の件もあるので、鮫島にとってだけ「最後」ではないのがこの作品の恐ろしい所でもあり、魅力でもあります。


○「放課後ウィザード倶楽部」3・4巻



3・4巻が同日発売で完結してしまいました。初心者だけれど特殊な能力を持った主人公が地道に鍛えていくRPGで、チャンピオンコミックスで無事2巻が出たので続いていくかなと思っていたので残念です。架神先生といえば「ダンゲロス」シリーズですごい能力バトルと設定を組み合わせた作品が描けるのを読んでいるので、比べると設定の縛りなどが多かったのかな、なんて思ってしまいました。
最終3話でダイジェストのように世界設定が明かされて、一応世界が平和になって物語としては完結したところまで読めたのはよかったです。


○「歪のアマルガム」1巻



「週刊少年ジャンプ」10号現在、ギリギリの戦いを強いられている作品です。
簡単に説明すると、陰謀によって妖の力を手に入れてしまった少年が日常に回帰しようとするも戦いに巻き込まれていく話です。
1話から最新話まで毎週「良い!」と思うポイントがあるものの、1冊まとめて読むと妙に紹介しづらいというか、地味にまとまっている感を抱いてしまいました。1巻にしては敵との戦闘が少ないのかな。それでいてメインキャラがあまり多くない…?

このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 00:27|PermalinkComments(0)漫画感想 

2017年02月12日

「冒険王ビィト」5巻 感想



「おれたちは全員本物になる。おれもっ…ポアラも…もちろんキッスだってな!!」

サイクロンガンナーを覚醒させたビィトとフラウスキーの決着、ロズゴート戦、そして新たなバスター・ミルファの登場が描かれた5巻です。

まずはフラウスキー戦決着です。使い方がわかったサイクロンガンナーによってフラウスキーはもう相手にならなくなってしまいましたが、5巻の終盤だけを切り取っても非常に良いバトルでした。フラウスキーの性格がはっきりしているので、コロコロ心変わりをするキッスへ向けた苛立ちと、負けたあと「ビィトはただ者ではない」とわかってからの諦めと、終始一貫して嫌いになれない奴でした。大ボスではありませんでしたが、表紙を飾っただけのことはありました。
サイクロンガンナーが連射可能だけでなく、全弾開放と、遠距離まで攻撃が届くライフル型に変形して一気にコマを3つ進めた感じなのがいいですね。 あと、銃自体が呼吸をしている、ではなく、呼吸している銃と使い手が呼吸を合わせないと使いこなせないという設定が「才牙」らしくてとても好きです。

続いて流れるように突入したロズゴート戦です。グリニデの配下になったふりをして死んだ後に手柄を横取りする ヴァンデルが1人くらいいて、それがロズゴートかなと思っていたので、ここで現れたのが意外でした(考えすぎ)。が、キッスが覚醒するにはここしかなかったのでしょう。そして、キッスにしか倒せない相手だった、と。
キッスの覚醒と戦闘後にビィトに本心を吐露するのは、「ダイの大冒険」でこれでもか!と多くの人物の挫折と成長を描いてきた三条先生ならではでした。みんながビィトのように超人ではない、とこれから仲間になるやつに言わせるのはいいですね。
天撃を放つ時のアクション(投げキッスのような動作)と「Chi」という効果音がだいぶ嫌ですが、強いから我慢します。慣れるのかコレ…
あと、サブタイトルになっている「おれの胸で泣け!」がまさか同性であるキッスのことだとは思わずたまげました。頑張れポアラ。
ロズゴートはただやられるだけでなく、グリニデの器の小ささも過去回想で語ってくれて、「深緑の智将」がやはり自称だったことも判明しました。グリニデ戦が近付いてきたので、どうやって勝つのだろうとワクワクしてきました。

最後はミルファ登場です。
ブロードバスターという新しい設定をひっさげて登場した彼女、強さよりも動きのあるページではだいたい全部パンツが見えているのが気になります。もしかしてパンツじゃないのか。
雷の天撃を自分に落し、強化して戦うスタイルのようで5巻で才牙は未登場ですが、格闘を強化するタイプなのでしょうか。

毎巻ポアラの心配ばかりしていますが、多彩な才牙を持つビィト、天撃の天才キッス、バスターとして完全に上を行っているミルファと各々の個性が揃ってきたなかでポアラの役割とは…と不安になってきました。
このままビィト戦士団のかーちゃんになってしまうのでしょうか…?それか治療役なのか。
グリニデ城でポアラが覚醒すると信じて…と思ったところで「才牙が発現する瞬間」が作中で初めて描かれる人物なのでは!?と気づきました。頑張れポアラ。 

このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 22:22|PermalinkComments(0)漫画感想 | 冒険王ビィト

2017年02月11日

「弱虫ペダル」49巻 感想



「山には敵はおらんよ?」

巻島が表紙の49巻。
インターハイに出ていない彼がなぜ…と読む前は疑問でしたが、少し考えたら「インターハイ2日目終了後の夜」だと気付いて納得しました。というわけで、坂道にとってボーナスステージとなる2日目夜と、3日目スタート直後までが描かれた1冊になります。

48巻ラストで青八木の脚の故障が発覚した総北。話数のタイトルで「総北の暗雲」と明言されてしまい、3日目はかなり厳しそうです。 ただ、青八木がかつての田所のように自分一人で抱え込まないで、段竹に相談したのは良いなと思いました。若干回復したようなので吉と出てくれればいいのですが、可能性として手嶋が自分に言ってくれなかったのに…と揉めることもありえるのかな。

3年の先輩たちが苦しんでいる一方で、坂道は巻島と東堂との再会と、全力の勝負に全力の追走をして英気を養います。作品の初期を牽引したと言っても過言ではない巻島の再登場ということでテンションが上がってしまったのですが、こうして感想を書いているとチームとしての総北がピンチなのに坂道は1人だけレース外で爆走してました(しかも6回)、というのは手嶋キャプテンが精神崩壊する原因を作っている気がして怖いです。 
ただのパワーアップイベントで、真波との再戦フラグを事前に立ててくれただけだといいのですが。

と、総北の不安ばかりを話していてもネガティブな感想で終わってしまうので、巻島VS東堂の再戦がやはり良かったという話も少し。
坂道は先に東堂と会いました。ここで思ったのは東堂もやはり抜群にキャラクターが立っているな、ということです。 巻島VS東堂だったからこそ、巻島の魅力が更に増したところは確実にあって、ナルシストなのに嫌味さが無いのはすごいバランスだなと活躍の度に思います。スペアバイクの東堂編も良かったですし。
坂道1年編で巻島は急にいなくなってしまったので、ここで劇的な再会をしたのはいいですね。表紙が巻島だし、東堂と先に会ってしまったのでインパクトは薄かったですけど、会話の中身とかはやっぱり良いです。手紙の件と絡めて3ページで坂道を完全復活させるくだりは彼のパワーが存分に発揮されていました。月に照らされたポーズも決まりすぎです。
ただ、こうなると金城が今泉を、田所が鳴子を激励する展開もありだったのかな、とも思ってしまいました。

さて、インターハイはついに3日目に突入し、昨年ダークホースとして登場した待宮が在籍していた広島呉南が再登場しました。「ジョジョリオン」の常秀みたいな浦久保と取り巻きのヒゲ、2人とも見た目がすでに負け犬なんですが良い活躍をしてくれるのでしょうか…。
京都伏見の全員ボーズよりも浦久保くんの変な髪型の方がインパクトあったのですでに空間を支配している感じはありますが。
しかし、呉南も京都伏見も凌駕する委員長の破壊力なのであった。かわいい。

2日目優勝の御堂筋がトップに立ち、早くもハコガクが揃い踏みしてしまい、今泉単独の総北は早くもピンチ…なのか。早々に脱することができるのか。次はいよいよ50巻です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 01:31|PermalinkComments(0)