2017年02月08日

「火ノ丸相撲」13巻 感想



「会場にいる誰も…戦ったワシさえも…久世草介の『全力』を知らない…」

12巻のチヒロ対典馬が面白すぎたのと、ジャンプの最新話が最高すぎたので、これ読んで同じくらい楽しめるかな…という不安を吹き飛ばしてくれる1冊でした。天王寺対久世だけではない「火ノ丸相撲」13巻です。

表紙の通り、この巻のほとんどで作品を通して初の脇役に回ったダチ高ですが、蛍の覚悟を筆頭に次の試合に向けての「溜め」がじっくり描かれた1冊かなと思います。
14巻で蛍は壮絶な戦いに挑んでいくわけですけれども、そこで潮が彼のことをどう評価するかという布石が置かれていることが再読して改めてわかりました。そして、潮の信頼があるからこそ蛍は戦い続けられるんだな、とも。
蛍は桐仁の本音を引き出したこともありますし、「潮の同学年の初心者」という彼が与えられた特別な立場で、相撲へ取り組む「心」で潮や桐仁を認めさせる凄い奴なんだな、と改めて気付かされました。

余談ですが、蛍の異能である「変化」についての潮の評価、これ15巻くらいの感想で改めて触れたいんですけど、「ワシが試合でやっても(中略)価値に結び付くとも思わん」とか「その技には"魂"が込もっておる」とか断片的なフレーズがアレになっていて非常にアレですね。部屋でのトランプも今見るとグッときますね。この辺は15巻感想でちゃんと書きます。

本筋に戻ります。ダチ高といえば潮です。完全復活した潮は沙田を擁する石神高校の力を借りて、天王寺と草介の頂上決戦の裏側で進化を遂げます。
団体として弱かったダチ高を知っている石神こそが学校としてはライバルなのは間違いないので、ここで再度光が当たるのは本当に嬉しいです。監督の男泣きや沙田の再起はあの場で描かれていましたが、石神の未来も見てみたかったので。
特に金盛主将は全国編から弱気な所を何度も見せていたので「途中で挫折する強者として描かれて終わってしまうのかな」という不安もあったんですが、彼もまた再起してくれてよかったです。

無題

この顔を見ると、ああもう大丈夫だなとわかるのでとても好きな表情です。作中ベストかもしれません。
天王寺に完敗した後に相撲を止めたくなった高校生はかなりの数いそうなので、再起させてくれる潮と対比になっている部分はあるのかな。天王寺と対になっているのはこの巻だと完全に草介ですけど。

ということで、天王寺対草介です。
全国大会が始まってすぐに潮が敗北をして「全国編のラスボスは天王寺獅童である」という先入観を植え付けられていたので、草介も潮を敗北させた力士であるということを忘れそうになっていたんですが、109話の引きと110話の導入で思い出さざるを得ません。
そして試合が始まる直前の静寂からの激しいぶつかり合い、展開の読めない攻防からの互いの覚醒と、主役を食う勢いでした。
主人公の火ノ丸が小兵なので、「国宝」の大型力士同士が真っ向からぶつかるのが実は初めてというのも大きいですね。
結果はあえて書きませんが、先の展開も踏まえて先に「相」という概念に辿り着いた方が勝ったと見ていいんでしょうか。負けた方は、それらしい姿にはなったものの一歩踏み込めなかったのかな、と思ったり。

天王寺は妹の咲ちゃんが土俵の外での味方代表として試合を見てくれていましたが、草介の方は狩谷くんが同じ役割を持たされていてヒロインかとツッコミたくなりました。(団体で試合がある(桐仁と戦う)と踏んでいるので笑える部分もあるので、狩谷くんの試合にも期待しています)

さて、最後はいよいよダチ高対鳥取白楼の団体戦準決勝が始まりました。
先鋒が部長という意外な展開で始まった準決勝、この先もコミックスで読み返すのが楽しみです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 00:19|PermalinkComments(0)漫画感想 

2017年02月06日

週刊少年ジャンプ10号感想(2017)

「NARUTO」のゲーム「ナルティメットストーム4」で映画「BORUTO」のストーリーが追えるアップデートパックを発売日(2月2日)に購入しました。「うちはサクラ」が使用可能になった時にものすごいテンションが上がったのですが、ただの衣装違いで、全クリア後にうずまき家・うちは家それぞれの家族合体奥義が解禁されることを期待していたので悲しくなった週末でした。
漫画版、アニメ版の今後の展開次第では更なるゲーム化もあるでしょうから、今後の合体奥義追加に期待して待ちます。


○僕たちは勉強ができない

6連続新連載の1つ目はタイトルだけではわかりにくいですが、ラブコメですね。
理系の天才ヒロインが文系の大学を、文系の天才ヒロインが理系の大学を志望しており、それぞれ苦手科目は壊滅的にできないので教えるのが得意な秀才の主人公が「教育係」となり、勉強を通じて距離が縮まっていく、という物語になっていくのでしょう。
クセの無い主人公で読みやすくはあったんですが、3年の春から物語がスタートして、テストで0点を取ってしまうくらいできない教科があるのはどうなんだとか、ノートを一晩で2冊作るという設定の無理さとか(ジェバンニを超えた)、1話の大きな仕掛けになっている「ヒロインが主人公に興味がなくて名前を覚えていませんでした」とか、悪い意味で気になる点が多すぎた印象です。特にヒロイン2人ともの好感度が低いのがけっこう辛いです…。
ゆらぎ荘が勝負を仕掛けているタイミングでの投入というところで、メインターゲットの少年達がどういう評価をするかが気になる作品ではあります。


○鬼滅の刃

柱合会議が始まるということで、参加資格の無い炭治郎はしのぶの「蝶屋敷」へと半ば拉致される形で移動していきました。若干の抵抗をした際に、お館様(産屋敷って言い慣れない)の話を遮るという無礼を働いた炭治郎に対して、これまで無反応だった時透がキレるのは抜群にキャラが立っていいですね。あと、義勇さんにお礼を言えなかったので、これは逆に再会が楽しみです。
別れ際、お館様は鬼である珠世さんの名を口にしました。彼女は鬼の研究をして200年が経つそうですから(2巻参照)、「2人がどの時点で出会ったのか」が気になるポイントになりました。お館様、どう見ても同じくらい生きてそうなので。

蝶屋敷には最終選抜を生き残り、累たちとの戦いで善逸を助けた少女がいました。彼女、ずっとニコニコして話しかけられても無反応で戦闘時とはエラい違いですね。
柱の弟子は「継子(つぐこ)」というようです。お館様が最終選抜を生き残った炭治郎たちを「私の剣士(子供たち)」と呼んだことがあったので、関連性がありそうなワードです。

柱たちの圧のせいでここ数話は重苦しい空気だったので、善逸と伊之助との再会にほっこりしました。落ち込んでる伊之助が面白すぎるし、寝不足の禰豆子もギャグっぽく描いてもらえてよかったなという感じです。

善逸と再会した炭治郎の表情とか、最終ページのしのぶさんの表情(めちゃくちゃ可愛い)とか惹きつけられる絵で、この高い掲載位置も納得だなあ、と思いながら読んでいました。あと、吾峠先生の描く鼻が好きですね。
あと、蝶屋敷の女性陣はみんな可愛いですが声の大きい子が好きです。よろしくお願いします。


○火ノ丸相撲

潮対天王寺、決着です。
読みながら思っていたのが、個人戦の時に展開を寄せてきているな、ということでした。
で実際に読み比べてみると

0206-1 0206-2

0206-4 0206-3

けっこう似ていますね(左側が個人戦、右側が今週)。
相手の表情を見る余裕があった側が勝っていて、今回は天王寺の笑う顔を見た潮が念願の勝利をしました。
…と、構図について触れるくらいしか言語化できる感想がありません。勝った後の雄叫びまで何もかもが最高でした。作中最高の取り組みになる、という予感は(当たり前ですが)間違いなかったです。

次回から新章ということで、団体戦決勝やんないの!?という驚きはある(チヒロのフラグどうした)ものの、潮の左腕が限界を超えたような描写があるので、万全でない状態で草薙(久世草介)との決着はつけられないということかな?と納得する部分もあったりします。
2敗してしまった天王寺の名誉挽回も含めて、彼の復活も含めた「全日本選手権編」とかになるのでしょうか。


【一行感想】
・ハイキュー:相手校の全国デビュー選手から見たら、(ウシワカを倒して出てきた)烏野が「全国」の高い壁として写るというラストページの演出にシビれました。が、「3セット目の準備しとけよ」が「3セット目はないぞ」に見える悪い読者ですいません。
・ブラッククローバー:しつけぇ…
・ナンバワーワン:今週めっちゃ良かったです。委員長が活躍する方が面白いのでは…!コミックス買いました。
・ネバーランド:ノーマンの死が「約束」になるんですかね。一気に話が動いていて目が離せないです。
・背すじをピンと:2年生のエピローグでしたね。来週最終回かな。
・アマルガム:絵のパワーがあったのに終わってしまうんだなとわかる六道の覚醒でした。恋煩いのくだりはズレていた感じがしましたが、最初の方を読めば活きてくるんでしょうか。コミックス買いました。
・デモンズプラン:今週ロブリオン倒すくらいのテンポが必要でしたね…。立ってないキャラ同士の戦いでバトルも面白くないとなると読んでいて辛いです。でも何かすごい気になるのでコミックスは買います。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 21:30|PermalinkComments(2)ジャンプ感想 

2017年02月05日

「冒険王ビィト」4巻 感想



「おれが…おれが弱かったんだっ…!!!」

 グリニデ編スタートの「冒険王ビィト」4巻です。第3の仲間!と表紙でタイトルが付きつつも表紙の魔人・フラウスキーの方が目立っている1冊でした。

 ベルトーゼの分身体を倒したビィトはポアラと共に「ビィト戦士団」として旅を再開し、3人目の仲間を求めてグリニデの勢力圏であり強いバスターがいる黒の地平がある大陸へ降り立ちました。以前の描写でグリニデは「樹の章」という図鑑からモンスターを増やしていました。樹という言葉からイメージする通り、また、1人だけ出ていた配下のダンゴールと同系統の虫や、植物をモチーフとしたヴァンデルが3人一気に登場しました。
3つ星のベンチュラは1巻のムガインよりも弱そうで、ロズゴートはフードで顔を隠しており星もわからず現時点ではグリニデよりも不気味です。
そして、この巻のボス・フラウスキーですね。5つ星で銃使いの暗殺者で可愛いもの好きと、また強烈なキャラクターです。ビィトにサイクロンガンナーで2回やられたものの、心臓部を動かして死亡は免れるしぶとさを持っており、1冊で倒しきることができませんでした。

 ヴァンデルが一気に増えた一方で、ビィトはフラウスキーから人間を守れず殺されてしまったり、3人目の仲間となりそうなキッスがグリニデの部下になっていたりと散々です。特に目の前で人間を殺されてしまった件はベルトーゼの時も無かったことだというのが堪えますね。

 キッスはビィトが修行中に出会った天撃使いで、そのまま仲間になってくれたらよかったんですが、色々あって人間を信じられなくなっていると。女性陣と比べても優しそうな顔をしているので良い奴なのかなと思いこんでいたので、このギャップというか落ちぶれてしまった感じは意外でやられたなという感じでした。
 キッスの心変わりの契機になったヴァンデルは連載再開のあたり戦っていたバロンとかいう奴ですね。そう考えると、13巻で最上級のヴァンデルと一戦交えるわけで、20冊くらいで終わる物語なのかなと余計な事も考えてしまうのでした。

 ビィトがサイクロンガンナーの連射方法を見つけ、フラウスキーとの決着へ!というところで5巻に続きます。毎度思いますが、次がめちゃくちゃ気になる引きで最高ですね。
キッスの覚醒、ロズゴートの戦闘、 そしてやっぱり戦闘面での活躍が少ないポアラの出番に期待します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 22:13|PermalinkComments(0)漫画感想 | 冒険王ビィト