2014年08月05日

「イレブンソウル」 運命の女性たち

何回読んでも飽きない「イレブンソウル」から、作中で描かれていない部分を想像した話です。

戸土野作品といえば女性が強いことで有名です。
「イレブンソウル」ではヒロインがキングコングだの何だの言われていました。
それに、黒幕のあのお方も女性です。女性だけで構成された三番隊なんてのもありました。
が、今回はそんなヒロインズの話ではなく、出番としては少ない2名に触れてみます。

今回のタイトルは「運命の女性たち」です。
さっそく順番に見ていきましょう。

①たけちーの恩師


001

主人公・たけちーこと塚原武道の恩師・理科の先生(名前不明)が1人目です。
父親に強制させられて剣の道を進んでいた小学5年生のたけちーは、彼女と出会う事で星の素晴らしさを知り、宇宙を目指すようになりました。
彼女に出会わなければ、たけちーの運命は全く別のものだったかもしれません。

ちなみにこの先生、たけちーの初恋の人らしいですが、結婚をしてしまったそうです。
結婚して苗字はどうなったんでしょうか。門脇でしょうか。


②万を助けた女性(門脇亮子)

002

画像に悪意がありますが、彼女の姿がまともに出ているコマは他にないです。

たけちーの親友にして、第弐部の大ボス・伊藤始の弟・万(よろず)。
アメリカで起きたシャヘルの暴走事故の際、万を助けた後に命を落としたこの女性・門脇亮子さんも、物語の重要人物の運命の女性と言えるでしょう。
万が彼女に助けられず、その場で命を落としていたら…?伊藤始はどうなっていたのでしょうか。
それに、門脇も第弐部のメインキャラクターなので、亮子さんが物語に与えている影響はかなり大きいです。

こういう容姿だとわかってからは、亮子さんがたけちーの恩師だと判明するものだとずっと思っていました。
(たけちーが亮介くんを見て気付く、という感じで。)
もしそうだったら、色々と面白い展開が見られたかもしれません。
門脇との関係性が少し変化していたのかな、とか。
亮介くんの出番がもう少し増えていたのかな、とか。
門脇がフェードアウトしないで済んだのかな、とか。

作品が完結した今でも、この2人が同一人物なのではないかと少し疑惑を持っているくらいです。
ちなみに、たけちーが5年生の時に会った先生が結婚後アメリカに渡ったと仮定して、シャヘル暴走の時にたけちーと万が何歳だったのか、という時系列は全く考えていません。
よって、その辺を読み解ける人がいたらすぐに論破される説です。

ちなみに、滝川奈々の母親も「顔が描かれていない茶髪の女性」です。
たけちーと万と奈々の共通点は、幼少時にシャヘルに襲われて運命が大きく変わってしまったという所です。
が、それだけではなく、今回の話がもう1つの共通点です。
3人とも茶髪の大人の女性が運命の転換点に居て、全員の顔が描かれていないというのは戸土野先生の意図的な演出なのかな、と要らぬ深読みをしてしまうのでした。


イレブンソウル 1 (コミックブレイド)
戸土野正内郎
マッグガーデン
2012-10-25


イレブンソウル 15 (コミックブレイド)
戸土野正内郎
マッグガーデン
2014-02-10




このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
URL
 
  絵文字