2014年08月13日

「弱虫ペダル」35巻 積み上げてきたもの



「ひょっとして ひょっとしてだけど ボクも ボクの走りも 図々しいかもしれないけど 少しだけ…お前や小野田に影響を与えているんじゃないかって」

ジョジョとスタープラチナが表紙の35巻(違う)。
総北も箱学も前3年生が大好きだったので、新世代のインターハイを読んで盛り上がれるかな…という杞憂を吹き飛ばしてくれた素晴らしい内容です。

・総北が積み上げてきたもの


冒頭1話目の見開きだと、まるで古賀がレギュラーみたいで悲しい…。
と、ネガティブな入り方をしてどうする。坂道のゼッケン1が眩しい新生総北。
坂道が入部してから1年と少しの積み重ねが実を結んだように、各キャラクターの成長と、これまで築いた人間関係の結果が色濃く表れた描写に胸が熱くなりました。
特に今泉と杉元のやり取りは作品通して五指に入るくらい好きなシーンになりそうです。プライドの高い今泉がこう言われているからこそなんだろうなと。
坂道のスタート前のパニックは、てっきり応援に駆け付けた巻島が坂道を励ますのかと思いきや、自分で解決してくれました。ということは逆に考えて巻島さんパワーアップは別の機会にあるということですね…!
最後になりますが、今泉は肉体に疲労を積み上げてきたようで…(台無し)。
昨年はマシンで今年は肉体。これは3年編で御堂筋にメンタルブレイクさせられる未来が見える…。


・箱学が積み上げてきたもの

泉田のカリスマ性が急に高まっているのを感じる…!
銅橋を焚き付ける姿を見て、ああこいつが今年のキャプテンなんだなと実感できました。気付くのがだいぶ遅かったですが、キャプテン泉田いいじゃないか!
その銅橋を始めとした新メンバー達は、まだまだキャラが掴めないですが前年のようにレースの中で魅力的になっていくんだろうな、と今から期待しています。黒田は去年出られなかった分、回想も含めて魅せてくれそうです。

そして謎だった6人目のメンバーは新開の弟・悠人だと判明。しかもクライマーですか。
これは驚きましたが、最初に浮かんだ感想は「黒髪で新開の顔だと格好悪いな…」でした。
ポジション的には東堂の後釜なわけですが、彼のように、そして兄貴のようにレースの流れを決定づける大活躍を見せてくれるのか。新開(兄)が好きなので、期待しつつ見守ります。


・京都伏見が積み上げてきたもの…を崩す御堂筋

総北と箱学は、積み上げてきた確かなものが結果に結びつきそうな一方で、御堂筋はチームメイトが積み上げたものを今年も変わらず崩してしまいますか。
御堂筋はここまで作品を追いかけてきたにも関わらず先が全く読めない男なので(今回の巨大化含めて)、総合優勝しそうな気もしています。さすがに坂道3年編で総合優勝は無いだろう、というのと、規格外の存在なので一回は優勝するんじゃないか、という理由からそう考えています。
が、一方では、小鞠が加わったもののベストメンバーではないので今回も敗退して今度こそ綺麗な御堂筋クンになるのかも!?という気持ちも少しあったりして。
3年になっても全く変わらない御堂筋も魅力的ではあるんですが、綺麗な御堂筋も見たいです。

他のメンバーは先ほど触れたように小鞠以外は「ザク」なようで。しかし、そのザクではない小鞠が未知数です。筋肉愛キャラとして泉田と激突するんでしょうか。「最高筋肉だ…」はちょっと言ってみたいフレーズです。
あと、何気に水田がキャプテンになっていて笑いました。


しばらく出番が少なくなるからなのか、サブキャラ総決算みたいな巻でした。最高です。
総北の監督は既に存在が消えていましたが…(一コマだけ見つけたけど)。
来年は寒咲さん(兄)が監督でいいんじゃないかな…。

次巻からはレースが本格化し。前年がかなりの長さでしたが、さて今回はどうなるやら。
また名勝負がいくつも生まれることを期待して36巻を待ちます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 00:05│Comments(0)漫画感想 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字