2015年02月06日

「火ノ丸相撲」 ダチ高部員は「国宝」になれるのか考えてみる






「火ノ丸相撲」の3巻が発売しました。
ちょっと幼く見えるような気がする火ノ丸とダチ高メンバーが表紙です。
パッと見だと部長が居ませんが、裏表紙と繋がった一枚絵なのでダチ高全員集合です。
ご安心ください。

3巻の内容は、
遅れて入部した新入部員にして新人の蛍の頑張る姿から始まり、
初の大きな大会となる新人戦トーナメントでは、中学生時代の火ノ丸を完封し、表舞台から姿を消すきっかけを作った下山との取組、
同じ体格でありながら違う戦法を選び磨き抜いた狩谷との死闘、
そして新たなる「国宝」久世草介の脅威、と盛りだくさんであり、3巻にして早くも安定した面白さです。


この作品でで目を引くのが、登場人物を刀に見立てた演出です。
高校生ながら、将来の横綱候補と謳われる力士は「国宝」と呼ばれています。

019

例えば、主人公・潮火ノは「国宝・鬼国綱」と称されています。
他には最初の壁として立ちはだかった沙田美が「三日宗近」、そして更なる壁として現れた久世介は「薙剣」と呼ばれています。
彼らは名前の一部にそれぞれ対応した文字を持っています。

初勝利をして開花した部長や佑真が「潮火ノ丸のチームメイトもいずれ国宝と呼ばれるかもしれない」と言われたシーンが2巻にあったと記憶しています。
(この更新をするにあたって数十分探したんですが見当たりませんでした……)
こうなるとダチ高メンバーが「国宝」になれるかも!?と期待が高まります。

少し話が前後しますが、そもそも、なぜ今回ダチ高メンバーが国宝になるかどうか気になったかというと、新入部員でダチ高相撲部の救世主でもある素人・三ツ橋蛍の名前が引っかかったからです。
ダチ高は"大太刀"高校で蛍……ん?と。
蛍丸という名前の大太刀があるじゃないか!と
(名前を知った経緯は「ヨアケモノ」から幕末にハマり、その流れで日本刀にも興味が……というわけではありません。
すぐ辞めてしまいましたが、某ブラウザゲームの影響です。)

ちょっと調べたところ、残念ながら蛍丸は国宝ではないらしいのですが、
素人である蛍が刀の名を冠しているということは、彼は最終的に大成する可能性があるのではないでしょうか。

他の3名も一応、名前の一文字が入った刀がありました。
小関也(部長)は「謙助宗」かな?とか、
國崎比路(レスリングの人)は「両兼定」かな?とか(wikipediaの情報ですが、この「千両」には何でもこなせる千両役者の意味があると言われているそうで、あらゆる格闘技に関心があるチヒロにぴったりだと思ったのでした)、
五條佑は「日光助」かな、とか、日本刀に詳しくないながらも考えるのが楽しかったです。
ちなみに、「日光助真」は国宝だそうです。

作中で刀と関連付けられた描写があった人物がもう一人います。
火ノ丸と死闘を繰り広げた狩谷俊は「国宝・小龍景光」になり得る存在だと言われました。
が、彼だけは名前と刀に一致する文字がありません。
(刀に詳しい方はピンと来る関連性があるのかも)
まだライバルが出揃っていないので名前の法則性については何とも言えないのですが、
もしかしたらダチ高の部員たちも『国宝』になれる可能性がわずかにあるのかもしれません。

しかし、高校生にそんなに横綱候補ばっかりいるか、という意見はごもっともです。
そこまでの期待はできないものの、蛍の名前のおかげで「国宝」にはなれないまでも刀の名を得るくらいまでには5人ともが強くなれるんだ!という確信は持てたので、彼に感謝したいです。

火ノ丸が横綱を目指して強くなる姿は勿論見たいのですが、
ダチ高全員が磨き抜かれた五本の刀として名を挙げて、団体で全国優勝する姿も見てみたいな、と思うのでした。
部長の初勝利回や蛍の努力がわかる回も火ノ丸の取組に負けないくらい好きなので、ダチ高全員を応援しながらこれからも読みたいです。



まだ3巻なので、集めるなら今のうち?


このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 22:52│Comments(0)火ノ丸相撲 | 考察みたいなもの

コメントする

名前
URL
 
  絵文字