2015年02月10日

「どらくま」 第参話 感想

マッグガーデンの公式サイトで「どらくま」第1話、第2話が無料で読めます!

この記事を偶然読んでいる方は、ぜひ本編を読んでからどうぞ。
前回が第2話の後編だったことに今月号を手に取って初めて気が付きました。
(前回のタイトルはこっそり修正しました)
公式サイトも間違っているので私が間違えたのも仕方がないことです。

過去の感想はこちら

「おまけに半人前じゃ。顔に出すな………」

今回の九喪が格好良すぎます。

戸土野先生がサービス回をやるなんて……と大筋の展開や尻揺れで驚愕しましたが、よく考えたら侍所ポスターの件があったことを思い出しました。
というか、思い出さざるを得ないキャラがゲスト出演していて笑ってしまいました。

028

滝川先輩何やってんスか。


○衣領樹-ステュクス-

恒例のサブタイトルを読解しようのコーナー。

衣領樹は「えりょうじゅ」と読むとのこと。
コトバンクによると三途の川にある大樹のようです。
>姥は亡者の衣服を奪い取り,それを翁が受け取って衣領樹に掛ける
この部分が桜の衣類を剥いだ九喪に掛かっていそうな気もするし、一方で深読みしすぎな気もします。

ステュクスは現世と冥界を分ける大河と、それを司る女神のことだとか。
壱話に続いての冥界の川シリーズですが、アケロンに比べると現世側に寄っているので主人公視点で考えると良い方に向かっているということなんでしょうか(今回は九喪が死にかけなかったし)。
第壱話で死んでしまった姫が渡ろうとしたのは絶対に渡りきれない死の川(アケロン)で、今回の桜はステュクスだったので生き残れたという比較になっているのかもしれないし、川のおかげで(?)生還した桜が女神という解釈もできなくもないかなと。

また、扉絵で「どらくま」のタイトルの意味が明かされました。
前に少し触れた通り、ギリシャの銅貨・ドラクマで合っていたようです。
が、真田家の家紋「六文銭」と掛かっていたのと、冥銭でもあるというのは全く気づきませんでした。
こうなると第壱話の「アケロン」がまた深まる…!
と、感想を書きながら扉絵ページだけで感動に震えてしまったのでした。
というか、そもそも六文銭が「不惜身命」を表しているそうです。凄すぎる。
サブタイトルに冥界の川シリーズが多いのも納得というか、もしかしたらタイトルの法則は「漢字+ギリシャ神話の冥界関連のワード」かもしれません。


○第2のヒロイン・桜

紅葉を無事に生還させ、親元へ送り届けた源四郎と九喪は放浪を続けていた様子。
そこで助けた新たなる人物は桜という名前で、紅葉に続いて季節を感じさせる名前です。
第2の敵・唐墨との戦いは源四郎の里帰りと並行して描かれるようですが、(おそらく)親友・楓を喪った桜の復讐や感情の行き先がメインになっていくんでしょうか。

紅葉とは対照的に元気がいい子なので、そのまま成長していってほしいものです。
くのいちなのにエロいことに耐性が無さそうなのが良いですね。

そして、その耐性の無さでとばっちりを全部引き受けてしまった源四郎。
鳳の城で見せた危うさは陰を潜めて、今回は完全にルッカと化していました。
が、どうやら次回からバックボーンに踏み込んでいくようです。
オジキのヤバさが戸土野作品で上位に位置づけるレベルの凶人だといいなと期待が高まりますが、どうなんでしょう。
最後に登場したのは鈴木忠重という実在の人物のようですが……?

今回の敵・唐墨は弐話感想の最後にちょろっと書いた「悪魔狩り」のバルログ系列の見た目です。
見た目通り強いと嬉しかったのですが、サルトルの腕を持って行った強者のあちらと違って、今月の時点で女の子をを抱えながら戦う九喪に押されている時点でもう終わっている肉なので、何というか……お疲れ様でした。
百鬼の配下のザコの方が頑張ってたよ!

というわけで、最初にも描きましたが九喪の格好良さがハンパじゃないですね!
見開きの表情が最高です。
鳳の城では本調子ではなかったというのが納得の強さというか、強すぎて終始ニタニタしながら読んでいました。


さて、最後になりますが、これは触れておかねばなりません。

大獄丸の霊圧が…消えた……!?

前回までのあらすじの最後に「三人の行く先は……。」と書いてあるのに何をやっているんだお前は。
桜の復讐の話になるとしたら百鬼を殺した彼の言葉が一番説得力を持つ可能性はあるので、次回以降の登場に期待……していいんだよね!?
頑張れ大獄丸!


イレブンソウル 12 (コミックブレイド)
戸土野正内郎
マッグガーデン
2013-04-01


永遠のヒロイン・いおりんに久々に会えた喜びよ…!


このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 22:21│Comments(0)どらくま | 漫画感想

コメントする

名前
URL
 
  絵文字