2015年02月22日

「ゴールデンカムイ」1巻 不死身の男、埋蔵金の謎に挑む






「人間を殺せば地獄行きだと?それなら俺は特等席だ」

2015年、話題の新作として既に注目されている「ゴールデンカムイ」1巻の感想です。

○どんな話?

日露戦争から生還した「不死身の杉元」こと杉元佐一。
ある事情から大金を必要としていた彼が偶然知った、アイヌの隠した埋蔵金があるという"噂"。
アイヌの少女・アシリパとの出会い、そして、敵となる死刑囚や軍人との出会いがその"噂"を現実のものに変えていく。
未だ見ぬ"死"に出会う前に、埋蔵金に辿り着くための新たな戦争が始まる―!!


1巻なので、主人公とヒロイン(?)のキャラ立てと世界設定の説明が基本になっています。
が、敵対勢力が2つあることが判明するだけでなくそれぞれのボスが出てきたり、自然界の敵として立ちはだかるヒグマとの死闘があったりと、主人公・杉元が「不死身」という異名を持っていながらも一筋縄ではいかない展開がこれからも待ち受けていることを予感させてくれます。



○命がけの戦いと…(ある意味)命がけの食事

北海道が舞台ということで、それだけで何となく親しみが湧きます。
が、時代が違うので当然、北海道でほのぼのと埋蔵金を探す話にはならないわけです。


040

1話から内臓が飛び出すことからわかるように、けっこうハードな作風です。
絵の雰囲気からも少し柔らかい作風だと思い込んでいたので、そのギャップに驚きました。

動物との戦いと人間との戦いで使える武器が違うことや、バトルヒロイン・アシリパが人間を殺したくないというスタンスから加勢があまり望めないことなど、相手によって条件が違うので「杉元が不死身だから安心して見てられる」ということにはなりません。
杉元は囚人相手なら情報目当てで殺せないこともあるけれど、敵にとってはどうでもいいので殺しにくる、必殺の毒矢を人間相手には使えない、という設定の上手さに感心しました。

1巻のバトルは、人間は卑怯だけれど、それを上回るパワーがヒグマにあるので大自然恐るべし、という印象です。

041
(ヒロインに)兎の脳みそを嫌々食べ(させられ)る杉元の図

食事をしている時だけは別の作品みたいな空気が生まれているのが面白いです。

この作品を手に取ったきっかけは、単行本を買う時にかなり参考にさせて頂いている方が単行本発売前に作品名を出して面白いと言っていたからでした。
その時に追加で事前調査をした時に、食事シーンに画像付きで触れている別の方がいて、その画像のインパクトが強かったので、先ほど言ったようにギャグ寄りの話だと思っていました。
実際はシリアス:ギャグ=9:1という感じでしょうか。

思っていたのと全然違うけど面白い、という不思議な出会い方をした作品ですが、
囚人のボスが言われている通りの人物なのか、杉元は最終的にどうなるのかなど、気になることが多すぎるので楽しみに追いかけていきたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 21:52│Comments(0)ゴールデンカムイ | 漫画感想

コメントする

名前
URL
 
  絵文字