2015年02月22日

「ゴールデンカムイ」2巻 不死身の男、アイヌの村へ行く






「我々の戦争はまだ終わっていない」

1巻表紙の熱く描かれた杉元と対になるような、静かで美しいアシリパが表紙の2巻感想です。

○どんな話?

「不死身の男」こと杉元佐一は、ある事情で大金を欲していた。
脱獄した囚人たちの身体に彫られた刺青の地図を集めると、アイヌの埋蔵金へたどり着くことを知った杉元は、偶然出会ったアイヌの少女・アシリパと共に目的を果たそうとする。
埋蔵金を狙う陸軍第七師団の猛者が迫り、大自然が牙を剥くなか、杉元の戦いは続く―!!

主人公、ヒロインのキャラと設定が固められ目的がはっきりし、囚人のボス・土方歳三と陸軍のボス・鶴見中尉が登場したのが1巻のラストでした。
2巻では杉元と敵対勢力の戦いが描かれるだけでなく、敵勢力VS大自然の戦いがあり、アシリパの帰省があり、そしてお楽しみの食事シーンもありと、読み応えのある1冊になっています。
(帯が良い味を出していますが、脱獄王・白石が他の敵より格下すぎて北海道グルメより浮いていると思います。)

043

杉元とアシリパのこの顔がセットで出てくると笑ってしまいます。
調理シーンもなかなかグロテスクですが、食事シーンは「ゴールデンカムイ」の癒しですね。味噌のくだりも好きです。

アシリパがアイヌの村へ帰省した一連のエピソードは楽しく読むことができたので、同じような展開で再登場して欲しいものです。
しかし、割と容赦ないので村が犠牲になる不安も生まれてしまったのでした。
あと、そういう展開になると現状全く思えないこの段階でアシリパさんの照れ顔が見られたのも眼福でした。
こちらも最終的にどうなるかわからないのですが、杉元にも梅ちゃんにも救いがあることを願います。


○軍人としての誇り

042

2巻で印象的な戦いは、軍人VSヒグマです。
画像のシーンはヒグマに噛まれて内臓が飛び出た後ですが、「俺は帝国第七師団の軍人だ」と言って果敢に挑んでいきました。
ある意味では狂気じみています。
が、鶴見が語る「日露戦争で活躍をして生還をしたのに、還ってきたら放浪者だ。失ったもののほうが多くないか?」ということは軍人視点だと正論に思えます。
それを踏まえると、死を前にしてなお戦いを挑む軍人たちの姿は狂気でもあり、誇りでもあるのかな、と。
他人から正当に評価がされない以上、戦って生き抜いた強さを自分たちで誇るしかない、というような姿にも見えました。

軍人たちのボス・鶴見は2巻だけの描写を見るだけで充分に狂人ではあるんですが、杉元も囚人は殺してもいいスタンスで埋蔵金を探しているので、敵ではあるけど悪ではないという印象を受けました。
鶴見が正しいことを言うシーンでは、心なしか表情もまっすぐに見えます。
ただ狂っているだけのキャラクターではないのかな、という期待と不安が半分ずつですが、期待を少し多めに軍人たちにも気持ちを向けていきたいです。


囚人のボスが本当に土方歳三だとしたら、彼の想いも何かしら納得ができるような描写がされるのではないかなと期待をするくらいサブキャラクターにもしっかり血が通っている「ゴールデンカムイ」。
横文字は苦手なので「ヒンナ」と「オソマ」しか覚えられていませんが、アイヌの知識も身について勉強になります。
3巻は初夏とのことで待ち遠しいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 23:22│Comments(0)ゴールデンカムイ | 漫画感想

コメントする

名前
URL
 
  絵文字