2015年03月01日

2015年2月のまとめ

○今月の購入実績
・2月新刊:15冊
・刊行済み:2冊

月初の購入予定どおり購入できなかったのは
「JOJOnium 16」と「あさひなぐ 14」の2冊。
あさひなぐは北海道ではまだ発売していません。
読めていないのは「とらじ」8巻です。1巻から読み返さないと内容を忘れていて楽しめないので。

既刊の購入は「ストラヴァガンツァ-異彩の姫- 」の1、2巻。今月発売の3巻も購入しました。



ネットの記事で気になって1巻を購入し、面白かったので続刊も購入しました。
2巻冒頭からの急展開に引き込まれました。
スケールが大きい物語が好きなので、今後が楽しみです。


○今月の1冊



完結作や山場を迎えた作品が多く、かなり迷ったんですが1冊選ぶならコレしかないかなと。
「NARUTO」がいないジャンプを読むと未だに物足りなさを感じるくらい、存在の大きさを終了してなお感じます。
サスケとの決着がやや足早に感じられたものの、699話のモノローグには胸を打たれました。
作者の岸本先生が執筆中に結婚をし、子供が生まれたことで「家族」の物語にシフトしていったことがよく表れているなと思わずにはいられない最終回は、感動というよりは胸が温かくなりました。(が、「火影!」と呼ばれるようになったナルトを想うと全然感動的なシーンではないのに涙が出そうになります。)
家族の物語になったぶん話が膨らんでいますが、一方でナルトが最後に敵として戦ったのが忍者のルーツに繋がる人物だったことで火影になったことの説得力はかなり増したように思います。

ナルトと戦った時点でのサスケが同じく火影になろうとしていたことが同じ舞台に上がるには必然だったという話や、一方でそれぞれが抱く「火影」という存在の意味が正反対だったのが面白いという話は考察的な話としていつか書いてみたいですが、恥ずかしながら全巻持っておらず、語るには少し弱いので悩んでいます。
コミックスを早めに揃えたい気持ちもある一方で、割と早く出る気がしている完全版を待ってから揃えたい気持ちもあります。


このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 22:43│Comments(0)まとめ 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字