2015年07月18日

ヨアケモノ 第壱話「山犬」 感想






「ヨアケモノ」連載開始から、本日発売のジャンプで1周年!

ということで、振り返って感想を書いてみました。

○どんな作品?

連載開始から1年経ち、連載終了からも1年近く経つので少しだけ説明をします。
簡単に表すと、幕末に実在した「新撰組」をジャンプ的にアレンジした作品です。
刀で戦うだけのバトル漫画ではなく、「獣刃」とよばれる動物の力を秘めた刀が登場するのが特徴です。
新撰組だけでなく敵も「獣刃」を所有しており、動物の力をぶつけ合って戦うバトルシーンは見どころです。作者の芝田優作先生の、デビュー作とは思えない画力の高さも相まって戦闘描写はかなりのモノに仕上がっており、今読み返しても興奮します。
史実には存在しない暁月刃朗が主人公を務めているのも特徴です。「先に長州藩の誰かに会っていたら新撰組と敵対していた」と言われるほどの無知純粋さを始めとした尖った特徴を持つ、なかなかオモシロイ少年です。
あと何といっても、有名な沖田総司が弱いのがすごいです。
「ヨアケモノ」が新撰組をモチーフにした作品のなかでも異彩を放っている一因であることは間違いありません。

そんな作品です(どんなだ)。


○初回から濃い戦闘!

YOAKE02

第壱話の見どころは何といっても、刃朗&銀VS松永主善でしょう。
初回からこんな戦闘が見られるとは…!と興奮したのを思い出します。
腕が落ちるわ、顎が切り裂かれるわ、相棒の銀は死ぬわ…と、いきなりやってくれます。
「なるほど…拙者の脇差か」と「零点の答えだ」は、ページを跨いだ演出と合わせてシビれます。
(前者は、見慣れてくるとフキダシの「ぼとっ…」に笑ってしまいますが)

一方で、この戦闘の結果によって主人公・刃朗の行動原理が薄くなってしまったのでは?と今になって思うところがあります。

まず、作品世界の設定を刃朗と読者に語ってくれた銀がいきなり命を落とします。
このことで刃朗は道標を失い、最終回まで「難しいことはわからない」と言い続けることになりました。
読切版(リンク先感想)では、相棒の銀がいないので刃朗が自らの意思で新撰組へ入隊する決意をしています。連載版では銀の遺志を継いで新撰組へ入隊することを決意するものの、新撰組に対する理解があまりにも薄く……その後の刃朗の言動はご存じの通りです。

そして、この銀を殺した松永主善を倒したのは刃朗……ではなく土方でした。
相棒の敵討ちのため新撰組へ入隊し、復讐鬼として生きることになった刃朗は近藤、土方、沖田など本物の武士に感化されて目覚めていく……ということはありません。
仇の松永主善は刃朗が気を失っている間に死んでいます。
刃朗は1話で相棒を失うだけでなく、相棒の命を奪った仇を倒すという目標も奪われてしまうのでした。
この点については、明らかに失敗だよ…!というよりは、勿体ない設定だったなという印象です。


○いまさら考察~銀の出自は?

「ヨアケモノ」で気になる点を考えてみます。
今回は1話で退場してしまった銀です。彼は一体何者だったのでしょう?

坂本龍馬がオーバーテクノロジーなサングラスをかけていたり、色々とジャンプ的な要素はあるものの、キャラクターの髪の色は普通なのが「ヨアケモノ」の特徴です。
(近藤局長の金髪は獣刃(金獅子)が影響していると考えられます)

そんな中、銀はコミックスのキャラクター設定で「銀髪」とはっきり書かれています。
最後まで正体のわからなかった「黒船の男」が外国人である可能性を考えると、銀が只者ではなかった可能性がどうしても捨てきれません。

きたないナルミこと中村半次郎が加藤鳴海に類似したマスクをしていることから、藤田和日郎先生の影響を受けたことが少なからず考えられます。
ということは、1話の時点からとんでもない伏線を張っていた可能性があってもおかしくない。そうは思いませんか?

YOAKE01

この笑顔に隠された銀の真意とは…?
「名を揚げる」ことで一体何をしようとしていたのか……?
1話の扉絵を改めて見ると、土方の首に銀の刀がかかっている所も見れば見るほど怪しいです。
ひょっとすると銀が黒幕だった、という可能性もあるのでしょうか。


YOAKE03


○おわりに~今週の沖田さん

沖田さんは屯所に残っていたのに松永主善に反逆される(ナメられている)

このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 00:00│Comments(0)ヨアケモノ | 漫画感想

コメントする

名前
URL
 
  絵文字