2015年07月27日

ヨアケモノ 第弐話「新撰組」 感想




○前回の「ヨアケモノ」

・銀、死す
・松永主善、死す
・刃朗、新撰組へ入隊を決意


○入隊試験

新撰組の門を叩いた刃朗は、"逸番隊"隊長の沖田総司と戦う入隊試験に挑むのだった―
って、いきなり沖田総司と戦わせる試験とか酷すぎませんか……。
それだけでなく、獣刃によって身体能力が上がっている新撰組隊士ばかりがいる現状で、彼らが鍛錬に使用している木刀と同じものを使って入隊試験に臨めというのは今見るとこれまた酷いですね。

この後に待ち受けている「死んでもいいから岡田以蔵と戦わせる」作戦といい、ヨアケモノ新撰組は少年漫画の味方組織にしては劣悪な環境と言わざるを得ません。
ただ、脱退=切腹だったらしい等の厳しさを考えると史実に則しているとも言えるんでしょうか。

さて、今回の目玉といえば満を持して登場した沖田総司です。
(ここでは沖田さんと呼びます。)
1話では松永主善にナメられていることが判明し、正式な登場前から格を落としていた沖田さん、2話ではまだギリギリ強い雰囲気があります。
……ありますよね?
ザコ相手にすら不意打ちをするなんて、沖田さんは最初から沖田さんだなと思う一方で、本気を出さないように戦っている節がある(単行本オマケでも書かれている)ので、最小限の力を使った結果だと思う事にします。
ヒロインになりそこねた町娘も無傷でしたし。

そんな沖田さんからアドバイスを受けた刃朗は修行として薪割りを始めるのでした。
これが刃朗が”獣刃”の力を初めて使用した瞬間なのでした…!
でもって、1話では「これは期待できる新連載だ!」と思ったのが崩れた瞬間でもあります。


○いまさら考察~獣刃の行方

幕府側の獣刃が残り十一本しかないと2話の時点で判明したのを今になって改めて考えてみると、芝田先生の中では大筋のストーリーは出来上がっていたのかもしれません。
(と言っても、史実に"暁刃朗"という要素を加えて再構成した物語なので、誰に何の獣刃を持たせるかが決まっていたというべきか。)
伊東編がこの後に待っていて、そこで半数くらいは消費される予定だったにしても、十一本の行方が気になります。徳川慶喜も獣刃を呑んで戦うなんて展開があったんでしょうか。
それとも、二本目の獣刃を呑んで更なるパワーアップ(刃朗の二刀流が布石)なんてことも…?

関連して気になるのが、松永主善に獣刃を与えた時点ではもうちょっと数があったのかどうかです。
残り十三本の時点でスパイに使ってしまったのだとしたら、脳筋集団と言わざるを得ない……。


○おわりに~今週の沖田さん

うあっぷ


このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 00:00│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字