2016年07月27日

架神恭介・渡辺義彦「放課後ウィザード倶楽部」1巻 感想




「それにこれゲームだろ?」

原作者の架神先生の作品(「戦闘破壊学園ダンゲロス」など)が好きなので、「放課後ウィザード倶楽部」1巻を買ってみました。チャンピオンは雑誌で追わなくなって久しいので「実は私は」以来の新作購入です。

普通の少年・須賀那由多は、ある日夢の中でRPGゲームのような冒険をし、リアルな死の体験に恐怖を覚える。明晰夢だと思っていたが、友人のニトリとサンチョも同じ体験をしており、次の日に夢の中で3人は出会ってしまう。そして、お宝や強い魔物、格好良くて強い魔術師・シモンと出会い、夢の世界「ハイカキン」での楽しい冒険が始まるように見えたが…!?というような導入です。

1話のラストで主人公じゃない味方キャラが良いところを持って行ってしまったので、どう読めばいいのかピンと来なかったんですが、主人公そっちのけでガチの集団戦闘をはじめるモヒカン(見た目以外はモヒカンザコではない)あたりで「そう来たか!」と思わされました。
初心者の那由多たちがゼロから冒険を初めていくのと、ベテランプレイヤーのシモンやモヒカンの手慣れた冒険の様子を同時に描くことで、レベルが上がっていくとこういうことが出来ますよというのを1巻から見せてくれています。
が、モヒカンが悪目立ちしすぎている反面、主人公たちがあまり個性的でないのでこの先好きになれるかちょっと不安です。

1話冒頭では那由多が「エルシオン」(1巻のボスとして出てきた鎧騎士側)の何人かと行動を共にしていたので、シモンが実は悪い奴で当面の大ボスになったりとかもするんでしょうか。シモンは悪い奴のようにも見えるけど、うどんさんが悪い奴だったら嫌です。
あと、エルシオンが良い奴らだとすると、初心者プレイヤーを即殺して「死の恐怖」を植え付けることでゲームにハマらせない目的があるとかそういう感じなんでしょうか。那由多は死の恐怖を知っているのでエルシオンの思想に共感するのも早そうです。
…などと考えても裏をかいてきそうな展開なので(エルシオンが悪い組織で羽生たちが抜けるとかもありえる)、あまり深く考えないようにしたい所ですが、世界自体に謎があるので色々考えてしまいます。

ただ、1話冒頭で那由多が1巻のボスとして出てきたリリィと共闘している描写があるのと、1巻の最後でエルシオンが何かしらの目的を持っていて「ハイカキン」の世界そのものと戦うような展開になっていく、というのがわかってしまうのは展開が早すぎる気もしました。「放課後ウィザード倶楽部」という少しゆるめなタイトルに似合わないシビアな展開が来る気配を匂わせるのが早すぎると言いますか。
もうちょっとダラダラと冒険していてもよかったかなと思うのですが、チャンピオンはシビアでコミックスが出ないこともありえるので悩ましいところですね。

どうやら2巻が9月に出るようなので続きも購入して読み進めてみます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 23:56│Comments(0)漫画感想 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字