2016年08月20日

花侍のサハラ 第2話「世界樹の谷」 感想

「父さんの他にもいたよ……この世界を諦めていない人が」

第1話が最高に面白かった「花侍のサハラ」。
2話を読んだので電子版発売直後ですが早速感想を書いてみます。
掲載順3番目+次号センターカラーということで、GIGA1号の中でかなり良いアンケート結果だったと考えてしまうのはファン心理が過ぎるでしょうか。

1話では舞台設定を極力説明せず、絵で見せてくれたのがとても良かったのは前回の感想に書いた通りです。
しかし、やはり何回も読み返して設定も気になってきていたので、今回冒頭で説明が入ってくれたり、ヤエがサハラの「花刀」の秘密に迫ろうとするなど細かい所の描写があり、2話で世界観が深まった/今後深まるのが示唆されたのが2話の良いところの1つですね。

冒頭の料理のシーンなんかも世界観を深めてくれています。
1話で日銭を稼いで食いつないでいるサンジュウロウが描かれているので、ヤエが料理を作って彼が美味しそうに食べるという何気ない1シーンが1話から上手く繋がっています。
父を亡くしたヤエがどうやって生きてきたのか?というヒントにもなっていますし。


0001

なんかツボです。かわいい

荒廃した世界で希望が無く生きる人々も、そういえば1話では描かれていなかったのですね。
1話は飛行船に乗って別の場所へ移動できるくらい裕福な人達なので、今回みたいにサンジュウロウが深く関わって助ける必要がなかったわけで、設定の掘り下げに合わせて2話でこういう人たちが出てきたのが本当に上手いなと。
でもって、悪い人達ではないのでサンジュウロウ達に最初厳しく当たったところから、助けられての謝罪もスッと入ってきました。なんかもう、徹底して無駄がなくて凄いですね、サハラ。


0002

あと、何といっても2話も戦闘描写がいいですね!
50体以上の敵が出てきて、ヤエが絶望する一方で、サンジュウロウが希望を抱くシーンはめくりの効果と合わせて最高です。コマの大きさの強弱もあり、演出としてはこの上ないですね。
新たに登場した「花刀」の型が銃だったり槍だったりと、ハッタリが効いているのが見た目で楽しいです。
戦闘描写もそうですけど、ヤエの色んな表情や髪形のバリエーションを見ると、前作から更にパワーアップしている芝田先生の絵がやはり好きだなと思うのでした。

しかし、面白さとは裏腹に展開が早いです。今回もう最終目的地に足を踏み入れてしまいました。
連続刊行される4号で区切りがついて全1巻なんでしょうか。


芝田作品ワールドが既に完成されていて、「獣刃」が存在するかどうかで幕末から「ヨアケモノ」と「花侍のサハラ」に分岐するとか妄想してしまいます。
浅葱という新撰組の羽織の色を冠した名前の侍キャラが出たりとか、やはりどうしても「ヨアケモノ」を意識せずにはいられないのでした。
浅葱の服は函館で土方歳三が着ていた服に似ている気がしますし。

先述したように3話はセンターカラーです。
芝田先生の美麗イラストが見られることに期待しつつ、
喋る自動具足という気になる奴が出てきて引きが素晴らしいので、3話の内容にも期待しつつ、また1か月待ちます。




このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 01:11│Comments(0)花侍のサハラ 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字