2016年12月26日

週刊少年ジャンプ4・5合併号感想(2017)

前回の表紙と対になる構図で各作品の主人公が描かれている今週の表紙も好きです。ジャンプの集合表紙をまとめた画集とか出ないんでしょうか。

○火ノ丸相撲

 佑真対バドの決着回。結局、佑真の強さがどれくらいなのかわからず、バドの格が落ちるばかりだなという気持ちのまま決着を迎えてしまいました。佑真はとても好きなキャラクターなので彼の描写については終始良かったんですが、団体としての鳥取白楼の格が落ちてしまったな、という感じで、これは栄華大付属の主将が「負ける気がしない」というのも納得です。
 佑真側の描写は本当に良くて、潮の檄が稽古中のものと重なって堪えることができた、というのが凄く好きです。「火ノ丸相撲」の凄い所は、この「立てぃユーマ!!」と言った潮が「ちゃんと過去に描かれている」ことだと思います。実は稽古中にこんなことがありました、と回想に入るのではなく実際に描いたコマを拾ってくる、という丁寧さには参ります。
 そして、自分ではなく仲間を信じて実力を出し切れる男だった、と。熱いです。その流れのまま佑真が横綱候補に勝ってしまったわけですが、これは「力士としての突き」と「空手家としての突き」が混在していて、突き技で対抗しようとしていたバドが対応しようとした時には既に遅かったということなのかな。空手の技という異能を極めたからこそ、純粋に相撲だけをとってきた力士とも渡り合える、というのは特訓前に言われていたことですし。
 次号からはいよいよ潮と天王寺の再戦です。間違いなく作中最高の試合だと始まる前からわかるので期待しかありません。


○読切:Canvas

 仲間りょう先生の底力を見た感じです。とにかく凄いです。ジャンプのギャグ漫画家だと、うすた先生に並ぶ逸材なのでは…とやっと気づきました。ギャグ漫画ってツッコミが無くても面白く描けるんだな、というのを初めて思い知らされました。磯兵衛のコミックスを全部揃えたくなったくらいです。もし磯兵衛のコミックスにこれが収録されるなら既刊も含めて買わないといけないですね。
 恋愛漫画として読んでも意外とストーリーがちゃんとしていましたし。いや、絵柄と切り分けて考えたらそうでもないのかもしれませんけど、切り分けて考えられないので面白いかどうか聞かれたら面白かったとしか言いようがないです。「絵」が面白いって、ギャグ漫画として完成されすぎているのでは。
 前号からの予告、ツイッターでの仲間先生自身の宣伝など、徹底して「恋愛漫画です」と言い通しているのも凄いです。制作側が誰一人ツッコまないので、ここが面白かったと書くのも野暮ですね(ただしツッコミだしたらキリがない)。今週ナンバーワンだったのではないでしょうか…!
 しかし、他の2本の読み切りはコテコテのラブコメとツッコミだらけのギャグなんて悪夢ですね…。


○鬼滅の刃

 死を迎えた累が過去を思い出し、それがじっくりと描かれた回でした。
「結局俺が一番強いから誰も俺を守れない庇えない」という独白が悲しいです。病弱だった人間の心のまま急に強くなってしまって、鬼としての強さと心がかけ離れて行っただけでなく、鬼として生きる時間がそれすら忘れてしまった、というのが短い描写で伝わってくるので、最後に父と母の元へ行けたというありがちな描写も胸にスッと入って来ました。一人称が「俺」から「僕」に自然に切り替わるのも巧みだなと思うのでした。
 この回想を踏まえたうえで、死にゆく鬼を踏みにじる義勇とそれを許さない炭治郎の対比が映えます。炭治郎は「鬼になってしまった」禰豆子を見ているから、相手が十二鬼月であっても、望んで鬼になったわけではないと知れば思いやることができるという。炭治郎について考えると「優しい」が前面に出てくるのが好きです。でも炭治郎は戦えるし、頸を斬ることは鬼殺隊となった自分の役割なんだ、と自覚しているのもすごく好きです。
 そして、まさかの…とは言えないですね。やはり鬼と仲良くする気など無かったしのぶの急襲で次号に続く、と。柱同士の戦いになるのか、誰かが介入して戦闘終了となるのか読めないので楽しみです。
 
 回想で気になったのは、無惨は「人間の中から1人を鬼にして、後はその鬼に残った人間の生殺与奪を任せる」ような習性があるのかも?というところです(累を鬼に変えた所を両親が見ている)。
炭治郎の耳飾り(無惨と因縁がある火神楽の系譜)を初めて見たような素振りといい、竈門家を狙ってきたわけではないと思うので、禰豆子を鬼に変えたのは本当に無惨だったのか?という疑問を抱いているのがより濃くなった回でした。炭治郎の母親が鬼で、無惨の怒りに触れて皆殺しにされた、というのも考えられなくはないですが。
そうなると「俺と同じ人間だった」という炭治郎の今回の言葉や義勇の「お前は…」の意味が…と考えだすと嫌になるのでこの辺でやめておきます。


○BORUTO

 ここに来て映画に無かった戦闘描写が激増しているので楽しくなってきました。黒ツチが頭をぶつけて気絶しないで頑張っていたのがよかったです(けっきょくワンパンで気絶しましたが)。
 あと、映画で大迫力だった怪獣決戦がめちゃくちゃ良いのも興奮しました。短いながらも迫力のあるコマが多くて、池本先生は岸本先生が推すだけあるな!と思わされました。
 本編は完全オリジナル展開を目前に面白くなってきて続きがとても楽しみですが、アニメは不安が大きいです。原作のストックがまだ無い、というのと、映画版がやはり最高だったのでアニメ版はハードルが高すぎて…とか言いつつ、OP映像を見たら手のひらを返しそうです(最近のNARUTOアニメのOPは見ているだけで泣けてくるので)。


【一行感想】
・ONE PIECE:プリンちゃんに悪い意味で裏切られました。でもサンジが戻ってくる道は出来たのかな…。
・ハイキュー:今まで全く思ったこと無かったのに、影山が「SLAM DUNK」の流川っぽく見えました。電子版なので影山のスゴい動きが1枚絵で見られなくて残念。コミックスで読むのを楽しみに待ちます。
・左門くん:サブタイトルの回収がわかりやすすぎて笑いました。何回見ても笑える。
・アマルガム:展開が早すぎて辛い…。大増ページで終了ではなく、一定の人気があることを祈ります…。
・ナンバーワン:主人公たちの周りだけで話が進み過ぎているのが良くないのかな、と思ってしまった回でした。好きなんですがこれは続かない感が…。
・磯兵衛:こっちでは普通にギャグ漫画やってて混乱します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 21:35│Comments(0)ジャンプ感想 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字