2017年01月30日

週刊少年ジャンプ9号感想(2017)

新連載6つは意外というか、歪のアマルガムの掲載位置が上がって小躍りしたのに一瞬で打ち砕かれて悲しさが上回りました。ワールドトリガーがしばらく帰ってこないと言われたようなのも悲しいです。
黒子のバスケが好きなので、藤巻先生のが一番楽しみです。

○鬼滅の刃


禰豆子、不死川が仕掛けた血の誘惑に耐え、柱の面々に人を襲う鬼ではないと証明されました。
義勇さんだけは一度見て知っているので驚きは無さそうですが、他の柱にとっては驚きと不信のどちらが勝るのかは気になるところです。
一方の炭治郎は尋常ではない力で伊黒の拘束を解くという、禰豆子とどっちが鬼かわからないような一面を見せました。炭治郎がいるおかげで人間でいられる禰豆子と、禰豆子を守るためなら鬼にでもなれる炭治郎、という関係は頭に入れておきたいな、と思う今週の描写でした。比喩ではなく何かあるかもしれませんし。

炭治郎がお館様に言った「悲しみの連鎖を断ち切る刃を振るう!」は、この1年間の炭治郎の中でも相当格好良い言葉だったんですが、これが決まらずに恥ずかしい思いをすることになるのが「鬼滅の刃」なんだなあ、とほっこりしました。お館様の笑顔もギャグ寄りでかわいらしいです。
お館様、今週ラストで「産屋敷 耀哉」という名前だとわかりました。すごい名前だ。
あと、動き・話すだけで相手を心地よくさせるという先天的な能力?素質?を持っているようです。でも、おそらくそれだけではないはずなので、底知れなさが増したなと感じました。

柱になる条件の1つに「十二鬼月を倒していること」があるようです。過去の敵の中には元十二鬼月もいましたし、現在何体の鬼によって構成されているのかが気になります。

もう1つ。今週は全体的に柱の女性2人のリアクションがとても好きです。
蜜璃は元々好きだったんですけど、炭治郎の肺を気にしてくれたり、炭治郎が恥をかいたことに笑いを堪えるしのぶが今週でめっちゃ好きになりました。


○火ノ丸相撲

「鬼炎万丈の相」に辿り着いた潮の猛攻と、反撃に出る天王寺の勝負、熱いです。
潮は「異能力士」である仲間の力も借りて天王寺の想像を超えたものの、彼は彼で色々な強さを持つ鳥取白楼という集団にいて「最強」であり続けていたので、その程度では揺さぶれんぞと押し返してくるのは説得力があります。

再び天王寺のターンにはならず、堀ちゃんの分析がここで活きて潮の優勢に傾くのが熱いです。「天王寺の弱点」だと勝手に思い込んでいたので、「潮が勝つ可能性」だったので勝手に熱くなってしまいました。そりゃ堀ちゃんは潮を見てますよね。
で、レイナさんの扱いが「力になっとるさ」で終わるのがレイナさんらしいっちゃらしいんですけど、来週なんかあるんですよね!?
(そもそも、天王寺とまともに勝負ができる「百千夜叉墜」が完成したのはレイナの影響も多々ありますが)

天王寺が纏っていた闇を全て消し去り、部長の声援で攻撃力がマックスになった百千夜叉墜!めちゃくちゃ熱いですが、これで決まってくれるか少し不安もあります。天王寺が大ゴマの必殺技をまだ使っていない気がするので。


【一行感想】 
・BORUTO:ようやく映画の展開まで終わりました。次回からが本番ですね。
・ ブラッククローバー:テンポが良い作品なんですけど、小説版のキャラ?をメインに据えたり、今回の敵は復活するし、まだメインキャラとも言えないマルスの感動話をやったりして、終始締まらないエピソードだったかなという印象です。アスタの投剣は相手が吸収する能力だったから特別効いた、ということでいいんでしょうか。
・背すじをピンと:つっちー達のゴールと土井垣部長達のゴールは重ならないけど、それぞれの道に良さがあるとわかる良い回でしたね。 うん、終わるなコレ。
・歪のアマルガム:ラスボスの思考がアレすぎて言語化が難しいですが、やはりここで終わるのは勿体ないです。絵も設定も気合い入っているからまだまだ読んでいたいです。
・デモンズプラン:ユース君がザルすぎて56年間ロブリオンに勝てなかったのがよくわかるし、ロブリオンはロブリオンでめっちゃ弱そうだし、すごい回でした。コミックス欲しくなってきました。 

このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 22:38│Comments(0)ジャンプ感想 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字