2017年02月15日

「冒険王ビィト」6巻 感想



「あの程度で圧死なんかされちまったら 誰が!?どうやって!!?このオレの怒りを鎮めんだよ!」

グリニデ編佳境の6巻です。
前巻の続きでミルファの顔見せと、ポアラの成長、そしてついに始まったグリニデ戦が収録されています。

ビィト達よりもレベルが高いバスターとして登場したミルファ、なんと初登場で才牙まで披露してくれました。
5巻の感想で「肉弾戦を得意とするようなので、打撃に特化した才牙かな」という予想をしたのですが、巨大なレンチのような才牙でした。確かに物理攻撃力は高そうですが、意外な方向性で驚きました。
ビィトやスレッドの才牙のようにどういった能力を秘めているのかは明言されていないので、今回のように地中に潜った魔物を挟んで押し上げるだけのはずがありません。高さのある金属の塊なのでミルファ自身が雷になって落ちる必殺技の着弾点になるとか、そんな使い方も出てくるのでしょうか。
再登場フラグは立っているので、グリニデ戦に駆け付けてくれる可能性もありそうです。

ポアラもついに活躍です。ついにとは言いましたが、彼女の有する天撃の特質がキッスやミルファとは違うというのを見せるために、自分より優れた天撃使いが2人現れるまでは活躍できなかっただけでした。今後はガンガンやってくれそうです。
炎の得意なポアラ、氷の得意なキッス、雷の得意なミルファと得意分野が分かれてきたのもいいですね。

さて、ついにグリニデ戦です。
「血風!グリニデ城」という表題が付けられているので、「深緑の智将」グリニデが城に仕掛けた罠や魔物にビィト達が苦戦する展開があるのかな、なんて思ったのですが、本性を抑えられなくなったグリニデ自身によって城が壊滅しているという驚きの展開でした。
そしてそのまま流れるようにグリニデ戦へ突入していくわけですが、その前にギリギリ冷静なままで踏みとどまっていたグリニデによって新しい情報がいくつか開示されました。なかでも「八輝星」というワードは今後重要になること間違いありません。ベルトーゼすら未だ届いていない八つ星ヴァンデル…現時点で存在するかどうかもわかりませんが気になりすぎます。

グリニデが真の姿を見せてからは、ずっと彼のターンです。
2話ぶんまるまるバトルしていますが、ビィトたちがこれまで使ってきた技が通用しないという描写ばかりで、グリニデの純粋な強さが際立つバトルになっています。ベルトーゼは偽物だったので本当の意味での大ボス戦はこれが初なので、なんというか読んでいるだけで別格だとわかるのが最高ですね。仮の姿と本当の姿とのギャップも好きです。
ビィトは最後にボルティックアックスを使用し、何とか善戦をできるようになりましたが…まだまだ勝ち目は見えません。増援があるのか、仲間の誰かが覚醒するのか、ビィト自身が覚醒するのかわかりませんが、ここからどう逆転できるかワクワクします。

ノアという新たな七つ星も出てきてしまったので、おそらく次の7巻でグリニデとの決着がつくのでしょう。
気になるのはグリニデが自分の本性が嫌いだから知性の仮面を身につけたかっただけなのか、あるいは七つ星や八輝星に憧れた誰かがいてそうなりたかったのか、というところです。
ダンゴールに見せた最後の優しさでどうにも嫌いになれなくなったので掘り下げや格好良い散り様を期待してしまうのでした。


このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 00:56│Comments(0)漫画感想 | 冒険王ビィト

コメントする

名前
URL
 
  絵文字