2017年04月24日

週刊少年ジャンプ21・22合併号感想(2017)

仕事の休みが全く無く、前号は書けませんでした。GW中に書けたら書きます。
遊戯王カードが欲しくて紙版も買ってしまいました。せっかくなので懸賞も応募します。

○鬼滅の刃


6巻の表紙は初登場以来好感度の上昇が止まらない胡蝶しのぶさんの単独表紙だそうです。
表紙の法則性を提唱している身としては、柱が単独表紙を守ってくれて嬉しい限りですが、自信無くなってきてます。

魘夢の不気味なセンターカラーが素敵な59話です。
しかしカラーめちゃめちゃ多いですね。他作品で下書き掲載が続いたりしているので、無理はしてほしくないところですが・・・。
魘夢の血鬼術「強制昏倒催眠の囁き」というのは品性の欠片も無くて、キャラクター性とマッチしていて最高ですね。語呂がいいので格好悪さがないのは吾峠先生の感性なのでしょうか。
戦法も最悪でいいですね。炭治郎をここまで怒らせるのは鬼舞辻とこいつくらいのものでしょう。

機関車と融合した魘夢をどう倒すのかがわからずワクワクします。
最初に目覚めたのが伊之助という意外性も良いですが、台詞を見るにまだ夢の中にいるのでは……。

番外編は良すぎて言葉になりません。
前の蟲柱・カナエさんはこれ、こんないい人なのにたぶん死んでるんですよね…?
しのぶの死亡フラグが加速した気がしますが、蟲柱の継承について気になりすぎる番外編でした。


○火ノ丸相撲

ユーマ、善戦するも敗れる…と。
勝ち星の計算的に負けると思って読んでいたのでやはり、という感想でした。
四方田主将は回想を経てなお最後まで好きになれませんでしたが、力士として素晴らしい体格を持っており、天王寺が一目置いていたことのフォローも入るなど、

全国の団体戦決勝という舞台でダチ高のメンバーが今後の相撲人生を決めていく、という流れが熱すぎるんですけど、これってもしかして外国人力士相手に金星を挙げた部長が大相撲の世界への切符を手にする展開なのでは…? 


【一行感想】
・ブラッククローバー:久々にダメな回を見た気がします…。威厳の無い王様の意味とは…。が、次のエピソードで各団の精鋭が集まる展開はワクワクします。


このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 20:36│Comments(0)ジャンプ感想 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字