実写版「鋼の錬金術師」を見ました「鬼滅の刃」禰豆子について考えてみる

2017年12月05日

「怪物事変」1巻を読みました



田舎の静かな村で、家畜が次々と変死するという奇妙な事件が起きておりました。
事件解決の為に東京から呼ばれた「隠神」という派手な格好の男。
調査の途中で男は、村に住む「泥田坊」と呼ばれる不思議な雰囲気の少年と出会うのでございます。
数奇なる怪物物語、これより始まり始まり――。
(コミックス1巻裏表紙より)

ジャンプSQで連載中の「怪物事変」1巻を今さら読みました。
藍本松先生の「保健室の死神」が好きなので、1巻をすぐ買っていたのですが読むタイミングを逃して、やっと読めたので感想を吐き出してみます。
ちなみに、今になって読んだ理由は

これです。
漫画家さんからもらったことのある年賀状は、サイン会でファンレターを渡した西森博之先生だけなんですが、貰えると思っておらずとても嬉しかったので、こうして確実に貰える企画があるなら送らざるを得ません。
という不純な動機でやっと1巻を読みましたが、もっと早く読んでおくべきでした。
やはり面白いです。

〇ストーリー
面白いです、とは言ったものの、1巻の時点では今後がどうなるかわかりません。個人的な印象としては、まだプロローグも終わっていないのではないか…?と思うほどです。
月刊誌ゆえのスロースタートなのか、全容が見えてきません。
怪物同士の戦いになっていくのか、夏羽の両親を巡る旅になっていくのか、もしくは両方が混ざり合って進んでいくのか…?という大雑把な予想しかできません。
物語的な面白さがどうか?というのは2巻以降でわかるのでしょう。

〇主人公・夏羽
ストーリーがどうなるかまだわからないのに読み続けたいと思うのは、この少年が主人公だからです。
藍本先生の表情を描く力がすごい、と思わされる主人公です。
産みの親から捨てられたと思い込み、育ての親や年の近い他の子どもから邪険に扱われ、感情を捨てて生きてきた少年と書いてしまうとありきたりですが、藍本先生の画力によって目だけで感情が読み取れるので、なんかもう愛おしいです。幸せになってほしい。
夏羽が本当に笑った時に泣く自信しかないです。

〇隠神
いい人だから死にそう……。2巻の表紙なのもかえって不穏です。

〇シキ
100%いい奴だというのが言動から隠しきれていないのがもう好きです。
明るいだけでなく、なにかを抱えているのが数コマの描写で伝わるのも好きです。

〇アキラ
かわいい。
夏羽を紹介された時に「シキと一緒だね」と言っているので、彼は純粋な怪物なのかな…?と予想できますが、見た目とのギャップが大きいのか、もしくはより美しくなるのか正体判明に期待が膨らみます。
1巻ではまだ細部がわからないものの、男3人組というのは「保健室の死神」のアシタバたちを思い出すので、間違いない組み合わせですね。

〇一番好きなシーン

01

普段は無表情な夏羽が、自分の死を目前にして作り笑いをして嘘をつく1話ラスト付近の一場面です。
目の光が消えて、この後も1回も上がらない口角を無理矢理挙げるカットがすごいし辛い。
嬉しそうにしている他のシーンと比べると本当に辛すぎる……。
でも、この描写だけで藍本先生の演出力の高さが一発でわかるすごいシーンです。

〇その他気になったところ
・1話の冒頭で鹿の子村は「鹿を敬う」と説明がされていて、1話の真犯人は鹿の屍鬼。これ女将さんは知ってたんじゃないですか…?と想像させる余地があるのがすごい。作りこみが細かいです。
・コンソメパンチ味のおにぎりってあるんですか!?

この感想を書いてる途中で2巻、3巻を買ってきたので、これを書いたら2巻を読みます。
2巻の感想も書きたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 23:47│Comments(0)漫画感想 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
実写版「鋼の錬金術師」を見ました「鬼滅の刃」禰豆子について考えてみる