「怪物事変」1巻を読みました「終極エンゲージ」 ジョージ・ライアーの影響力がすごい

2018年03月11日

「鬼滅の刃」禰豆子について考えてみる






「鬼滅の刃」10巻が発売しました。
10巻には遊郭編の中盤戦まで収録されています。
正直なことを言うと、この遊郭編の戦闘が長すぎて脱落しかけたのですが、その先が面白すぎたので引き続きコミックスを購入しています。
というのも、この作品は謎が多く、戦闘よりもストーリーが進む回が好きだからです。

まだ10巻なので、物語の核心に迫っていくのはまだ先かもしれませんが、気になる要素が多いのと、情報の小出しが上手すぎて、ストーリーが進むたびに考えずにはいられません。

日の呼吸(ヒノカミ神楽)や他の呼吸≒鬼殺隊の歴史や、鬼舞辻無惨についても考えることが多くて気になりますが、今回は禰豆子について考えてみました。


〇鬼としての禰豆子

基本情報の確認です。

無題 無題3
町で評判の美人(炭治郎 談)だったが鬼へ……

・竈門家が鬼舞辻に襲われた際、鬼になってしまった
人の血肉を必要としない〔普通の鬼と真逆の要素〕
・眠ることで回復をしている(鱗滝の推測)
・鬼化して鱗滝に出会って後、2年間眠っていた
・鱗滝から”人を傷つける鬼を許すな”と暗示をかけられている
・身体が子供になったり大人になったりする
・鬼舞辻の"呪い"を自力で外している(後述)

もう一つ、人語を話すことができないのも特徴でしょうか。
この点については、鬼舞辻が鬼に変えた男性(13話、14話)も同様だったので、人間を喰うことで強くなるのと同様、知性も高まっていくのかもしれません。

鬼が敵である作品でありながら、人を守る鬼としてもう一人の主人公のような立ち位置にいるのが禰豆子です。


〇禰豆子の強さ

戦闘シーンを見返してみました

・最初に遭遇した鬼(最低3人を喰らっている)の首から上を蹴り飛ばして切断
・「冷静になれ俺よ」の異能の鬼(女性をたくさん喰らっている)から見て強い
・朱紗丸(鞠の鬼)の攻撃で足がもげる → 戦闘中に同じ攻撃を「蹴り返す」ように
・累(下弦の伍)との戦闘で鬼血術"爆血"に目覚める
・珠世から見て「回復が遅い」 → 再生速度がすごい:10巻時点では上弦に匹敵

片手で数えられるほどしか戦っていないのに強くなりすぎです。
主人公の炭治郎が修行しているシーンがやたら多いのと対照的で、眠っている時間の分だけ強くなっているとしか思えないのですが……。
(死者から語りかけられるシーンが多いので無いとも言い切れない)

堕姫との戦いでは、怒りによって今までで一番鬼らしい姿に変貌してしまいます。

IMG_6243

外見の年齢が今までで一番高いことも考えるポイントになりそうですが、ここで気になるのは身体に浮かび上がった葉の紋様です。
作中で出てきた単語から植物を連想すると
・葵枝(母親)の名前に含まれる
・鬼舞辻が探している青い彼岸花
・鬼殺隊が結界などに用いている藤の花
このあたりが候補かなと思って画像検索をしたところ、藤の花が一番近いかなと思ったのですが……

無題2

吾峠先生の描く藤の花と葉とは違うような気が……。
もうちょっと考えたいんですが、紋様については保留にして次の話をします。


〇鬼舞辻と禰豆子

鬼舞辻によって生み出された鬼は、逃れられない"呪い"にかかっています。
箇条書きすると

・体内に残留する鬼舞辻の細胞に肉体を破壊される
・鬼舞辻の名前を呼ぶと殺される
・場所を把握される
・姿が見える距離なら全ての思考を読まれる

判明しているのは以上です。
ただ、何らかの手段で外せる=解除できることが"呪い"の大きな特徴です。
珠世は「私の体を随分弄っていますから鬼舞辻の呪いも外しています」と言っています。
また、作者のモノローグによって、禰豆子も自力で"呪い"外していることが判明しています(6巻52話)。

鬼舞辻が禰豆子に言及したのは今のところ、堕姫(上弦の陸)と会話をした時のみです。
「私の支配から逃れた鬼がいる」と(10巻83話)。

あと、重要なポイントとして13話(2巻)で炭治郎に捕捉された際に、鬼舞辻は他ならぬ自身が禰豆子とニアミスしています
しかし、炭治郎が鬼舞辻の匂いを感知できるくらいの距離なのに、鬼舞辻は禰豆子に気づいていません。また、この時点で炭治郎を殺すよう命じたものの禰豆子には全く言及していません。
禰豆子が寝ている2年間の間に"呪い"を外したということなんでしょうか。


〇炭治郎・禰豆子の母親は鬼?

10巻で疑惑の回想シーンが登場しました。

幼い禰豆子が母親(葵枝)にこう問います。
「お兄ちゃんのお目々が赤いのは おなかの中にいた時に おかあさんが赤い木の実を食べたから?」

IMG_E6137

あやしい……!

先ほど、禰豆子に浮かんだ葉の紋様について途中で話を切ったのはこのためです。
個人的な予想としては、禰豆子に浮かんだ葉の紋様は「赤い実の葉」なのでは?ということでした。
植物に詳しい人は、この実では?という予想まで出来そうで、知識不足が悔しいです。
ちなみに、軽く調べたところ「鬼縛り」という名前の植物が赤い実を付けるそうですが関係あるのでしょうか。

葵枝が鬼なのか?と疑ってしまうシーンは、読み返したところ、もう1か所ありました。

IMG_E6140

12話(2巻)で「冷静になれ俺よ」の鬼が「分けられた血の量が多い」と推測していました。
一方、14話(2巻)で鬼舞辻が人間の女性に血を分け与えた際、鬼にはならずに死んでしまいました。
その時、鬼舞辻は「私の血を大量に与え続けるとどうなると思う?人間の身体は変貌の速度に耐えきれず細胞が壊れる」と言いました。
そもそも、鬼舞辻の血を分け与えられるには、彼自身に認められないといけないはずです。
鬼になりたての禰豆子が、何の理由もなく鬼舞辻に大量の血を分けられたとは考えられません。

禰豆子を鬼にしたのは誰なのか……?と考えてしまいます。

あと、細かい点として葵枝が亡くなっている所だけ着物がいつも違うのも何だか気になってしまいました。寝間着?


〇竈門家を襲った鬼は本当に鬼舞辻なのか?

まとめです。
色々書いてきましたが、自分が一番気になっているのは1話の真相です。
鬼舞辻が竈門家を襲ったならそう描けばいいのに、まだ確定情報が出ないのがどうも気になります。

11話(2巻)で鱗滝が炭治郎に語ったのは「人間を鬼に変えられる血を持つ鬼はこの世にただ一体のみ」ということであり、鬼舞辻無惨が竈門家を襲った鬼だと断言しました。
……が、物語が進むにつれて状況が徐々に変わってきたように思います。
というか、読み返していて思ったのですが鱗滝さんの情報が古いというか、意図的に誤って伝えているのではと疑いたくなってしまいました。
仮面の下に目が6個あったらどうしよう

話を戻します。
鬼の増やし方は鬼舞辻が生み出す以外に、作中で確定した描写が1つ、疑わしい描写が1つあります。
【確定】珠世の研究によって鬼となった愈史郎
【疑惑】上弦は自分の血によって鬼を増やせる?
 → 63話、64話(8巻)の猗窩座の発言と、11巻以降でも別の登場人物による言及あり

組織のトップとしては最低ですが、ボスとしてはかなり魅力がある鬼舞辻無惨が、竈門家襲撃に関わっているとしたら不手際が多すぎると思うんですよね。
誰か別の鬼が犯人なのでは、と思わずにはいられないのでした。

最後に。

IMG_E6218

82話(10巻)での1話の回想、禰豆子の視点だったら嫌ですね……。
(1話で炭治郎が「口や手に血はついていなかった」とは言っていますが。

長く書いたわりに全然まとまらなかったんですが、20巻くらいまで出た時に自分で読み返して何か思うところがあったらいいかなと。
最後まで読んでくださった方はありがとうございます。





このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 19:54│Comments(0)鬼滅の刃 | 考察みたいなもの

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「怪物事変」1巻を読みました「終極エンゲージ」 ジョージ・ライアーの影響力がすごい