「鬼滅の刃」禰豆子について考えてみる

2018年03月12日

「終極エンゲージ」 ジョージ・ライアーの影響力がすごい

ジャンプ+(プラス)で連載中の「終極エンゲージ」4巻が発売しました(リンク先は公式サイトです)。
表紙のミムラを初めて見た時に「可愛い」と言ってしまいましたが、本編を踏まえると何とも悲しい表紙です。ミムラ……。

さて、この作品は、プロトタイプである読み切りの「ハトシェプスト」から好きで――
と、「ハトシェプスト」は、ご存知でしょうか。
「終極エンゲージ」で検索してこの更新に辿り着く方が多いと思うので、ファンの方が9割以上という前提であらすじなどは無しで話を進めていきますが、「ハトシェプスト」は読んだことない人が多いかもしれないので、ざっくり説明するとクリスが普通にいい人で、カルキと愛し合っているという設定で、女王決定戦に優勝するために強くなる旅の途中が描かれています。

ジャンプSQ.CROWN 2016 SPRING
ジャンプSQ.編集部
集英社
2016-04-15


宣伝:電子版なら定価で購入できるので、気になる方はどうぞ……!
(コミックス最終巻に収録されてほしいですが)


「ハトシェプスト」の幸せ満載感が大好きなので、連載が始まってからずっと「早く読み切りの展開みたいにクリスとカルキが相思相愛になってほしい」と思って読んでいました。
しかし、連載版のクリスは全くの別人でした。
読んでも読んでも好感度が1話の低いところから上がらず――

kore

カルキが読者の気持ちを完全に代弁してくれるシーンもありました(なんと3巻)。

しかし、3巻ラストから登場した敵キャラのジョージ・ライアーの正体が4巻中盤で判明してからの怒涛の展開で、自分が期待するところとは全く別のツボを押されて、「終極エンゲージ」そのものに完全にハマりました。

ジョージは作中で一番悪い奴として出てきたんですが、そもそも生きていること自体がありえないという、存在自体が謎を多く秘めたキャラクターでもあります。
そして、彼の登場と共に明かされた様々な事実によって「クリスが地球王になった1年以内に宇宙が消滅する」という、これまでの物語を動かしていた前提が崩されます。
この事実判明以前と以降で、読み返すと序盤の見方が変わってくる構造になっている
のが物凄くて、今現在連載されている漫画の中で一番多く読み返すようになりました。
キャラクターの細かい表情なども含めて、再読時の新発見が多いです
細かい点で好きなのは、ジャナ星で種族間の寿命が話題に挙がった時のクリスの表情です。

67789

クリスは自分が20年後に死ぬことがわかっている……

クリスの好感度が上がらない、と最初の方で言いましたが、読み返すと全然そんなことないです。再読を前提に複雑な設定を背負わされた主人公……好き。

ジョージの登場によって得られた大きい気付きは、第1話からありました。
第1話ではルス王の王子時代と想い人キーアとの出会いと別れ、そしてディアナの強さが描かれており、どうしてもVSディアナでキーアの首が刎ねられる描写のインパクトの強さに目が行ってしまいがちです。
しかし、改めて読むと次の地球王が望まない形で女王決定戦が行われているという導入から始まっているのがわかります。
4巻だけ読むとジョージは本当に悪いやつでクリスの怒りは当然理解できるんですが、1話のルス王と同じでは?と考えると見方が変わってきます。

j
ジョージが抱く宇宙を滅ぼすほどの憎悪とは……?

殺害が禁止されていた初代女王決定戦のルールを踏まえると、参加者の命が奪われることは無かったわけで、生死の運命を握られたという視点では「宇宙の卵」の加護で死ねなかったジョージが本当の意味で最初の被害者だと思います。
グリムヴィアスによって「ジョージが女王決定戦のルールを殺害・武器ありに変えた」ことが判明しました。これは、ジョージは20歳で自分が死ぬことが生まれた瞬間に決まっていたのに、女王決定戦では命が喪われないことに対する怒りなのかなと考えてしまいました。

他にも、初代のラジャス王は本当にいい人だったのか?とか、女王決定戦をやることにしたのは本人の意思なの?とか、
ルス王がキーアの死に際して抱いた憎悪はクリスが生まれたことで消えたのかな…?と思ってしまい、そうなるとジョージとルス王は裏で繋がってない?と考えたりもしました(キーアの死に方とグリムヴィアスの死に方が同じ)。
現時点ではどう見てもラスボスは一番の悪人であるジョージなんですが、全ての発端である宇宙の卵がラスボスなんじゃない?とか、そもそも宇宙の卵って何よ?とか無限に考えられてしまうんです。
とにかく、ジョージ・ライアーが現れたことで既存のキャラクターや物語の世界観が一気に深まったのは間違いありません


また、ジョージの登場によってクリスとカルキの旅にひと段落がついたことで、2人と仲間たちの旅が描かれていた物語も少し広がったように思います。
5巻の内容になりますがポポロの集大成となる主役回があったり、ファリアVSトリウィアが1話を思い返させる内容になっていたりと、もはやクリスとカルキだけの物語ではなく、宇宙に生きる者たちの群像劇になってきているのが、これまた好きな要素の一つです。

語り出したらキリがないのでそろそろ終わりますが、最近一番気になっているのはミムラとピーヴリーの関係性です。

image

ジョージじゃなくてミムラの命令で動いてる

ミムラは地球人ではないっぽい(1巻カバーしたのキャラ紹介でも「出身の星」としか書いてない)ので、兄妹(姉弟)だったり、実はミムラの本体だったりするのかなと思ったり……。
「宇宙の卵」の加護を破っているのが謎であり、彼女が特別な存在であるのは間違いないので正体判明が楽しみです。
次に戦うのが"ミムラの研究で増えた"竜種だというのがフラグ全開ですが、ジョージのせいで戦わない可能性もあり、どうなるのか待ちきれません。


展開が早すぎるので全6巻で終わってしまうのでは…?という不安がありますが、今後もクリス、カルキ、ミムラ、そしてジョージの行く末を見守りながら応援していきます。

ものすごく頭の悪い記事タイトルになってしまいましたが、自分にとってもジョージによって作品への思い入れが大きく変わったので全てひっくるめて「影響力がすごい」ということでまとめさせてください。
最後まで読んでくださってありがとうございました。




このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 17:33│Comments(0)終極エンゲージ | 漫画感想

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
「鬼滅の刃」禰豆子について考えてみる