呪術廻戦 第18話「底辺」感想

2018年07月14日

「BURN THE WITCH」感想

冒頭の試し読みはこちら(リンク先公式サイト)

 久保帯人先生が「BLEACH」完結以降に描いた初の新作読み切りということで、初報が出た時から掲載を楽しみにしていました。
 単体の読み切りとしても面白いうえに、ラストで驚きの展開が待っていて、ひたすら楽しい作品です。今年の読み切りNo1になりそうです。

〇どんな話?

 久保先生曰くラブコメの本作。
 "表"のロンドンでは学生として過ごしているノエルが、彼女のパンツが見たいと付きまとう男子・バルゴとのラブコメ――とはなりません。
 "裏"のロンドンでのノエルはドラゴンの保護と管理をする組織『WB(ウイング・バインド)』に所属し、相棒(?)のニニーと任務をこなす魔女である!という設定開示から、主にノエルを通して"表"と"裏"のロンドンを描き、ドラゴン、バトル、ラブコメ、ギャグ、裏切り、どんでん返し、パンツなどがミックスされた読み応えのある作品になっています。
 キャラクターの立ちっぷりは久保先生なので全員(ドラゴン含めて)間違いなく立っていますが長くなるので個々の言及はしません。すみません。

 初報で描かれたノエルとニニーの髪飾りから、彼女たちが魔女でドラゴンなのかなと思っていたんですが、彼女たちは魔女でドラゴンを倒す話でした。(ドラゴンと共生しているので、髪飾りは何らかのパワーアップアイテムなのかも。)
 ストーリーはわかりやすくなっていて、読み切りではよくある「身近にいた仲間が犯人だった」みたいな所もテンプレートっぽいんですが、そこをキャラクターの性格で説得力のある展開に持っていって、ギャグの上手さによって台無しにしてしまうのが重苦しくなくてよかったな、と。バルゴの「えー」はもっともなんですが、読み切りを綺麗に終わらせるのと見開きを持ってくる合わせ技はさすがだな、と。

 一番好きなコマは「今のはちょっとカッコよかったです」です。そう言っているノエルの顔が全ページ通して一番格好いいという。

 そしてセルビーの言動とか、再読すると細かい発見があるので読み返すのも楽しいです。


 
 


以下、ラストページ以降への言及あるので少しスペース空けます。
全部読んでくださる方はお手数ですがスクロールお願いします。










〇設定のあれこれをBLEACHと比べて考えてみる

 BLEACHと同一の世界観でしたという驚愕のギミックがオチとして仕込まれていて、ノエルのパンツどころではないわけです。
 初読では全く気づきもしなかったんですが、読み返すと「この描写はBLEACHのあの辺を連想させるな」とか色々発見がありました。全部挙げていたらキリがないので気になった数個だけ抜き出して考えてみました。

・魔女と死神の違い

 
本編で武器=銃を使って攻撃したのはノエルだけでしたが、カラーページを見るとノエルとニニーが似たようで細かいデザインが違う銃を持っていることがわかります。見開きでセルビーを一発で倒したように、これがWBの主兵装なのかなと思います。斬魄刀に相当するなら、銃の先端に個々人の特性が反映されていたりするのかな…?というところでのノエルの銃が星形であぁーっとなるやつですね。組織内で呼ばれるニイハも218で数字っぽいな、とか。
 ノエルとニニーは生者なのか?というのが読み切りの内容からは予想できません。ノエルが"日本人"らしいので生者かなとは思います。(「BLEACH」で尸魂界の死神たちが和名だからといって日本人の霊魂だと言われたこともないので)
 が、描写が少ない以上は、かつて現世に来たルキア(や他数名)のように学生として潜入しているだけかもしれませんし、そもそも尸魂界なので死者だよなとも思います。
 
 結論:わからん

 蛇足:この辺は虚とダークドラゴンの違いも関わってきそうな気がします。悪人が死んで虚になるのと、人間の悪意を受けてダークドラゴン化するドラゴン、という違いは何かありそうですし。

・人とドラゴンが共生している理由
 ここが東と一番違うところかなと感じました。東(BLEACH)だと尸魂界ではボニーちゃんくらいしか目立って描かれた動物がおらず、虚圏ではバワバワや虚犬(ヤミーの傍にいたやつ)なんかがいましたけど圧倒的に少ないので。
 なんでかとちょっと考えたら、BLEACHの尸魂界は"霊王"を守るように出来ているからだと思いました。死神は護廷とその先にいる霊王を守るために組織を作っていましたけど、敵対する虚は、霊王が死ぬと世界が崩壊するというのに侵攻をしてきました。つまり、人間以外(のプラスの霊)と共生できる文化や発想が東には無かったのかな、と。
 そう考えると西の成り立ちはまた別のもので面白そうです。リバース・ロンドンという呼称が表で言われているものなのか、本当にロンドンを模しているかでも変わってきそうです。もちろんいくら考えても答えはわからないのですが。

 結論:わからん

・BLEACH本編と同一の時間軸なのか?

 結論から言うとわからんのですが、「着メロ」「ドラゴンボール」辺りから考えると同時期っぽいです(DBという固有名詞は50周年記念号との兼ね合いというかリスペクトもありそうですが)。
 「日本じゃ問答無用で全部殺す」というのはユーハバッハとの決戦後には絶対に変わっているはずなので、同時期の最終決戦前かなとも思いますが、組織の一員でしかないニニーに最新情報が伝わっていないパターンも考えられます。

 結論:わからん

 
 以上です。考えても全部わかんないんですが、考えるのって楽しいですよね。
 こうじゃない?みたいな予想があったらコメントくださるとうれしいです。


〇連載化は?

 久保先生の中には描ききれない膨大な世界があって、そこから黒崎一護の物語を切り取ったのが「BLEACH」だと解釈しています。一護の戦いが終わっても世界は続いていく象徴として一勇と苺花が最終話に出てきたのと、今回の読み切りでその考えが強くなりました。
 今回は、一護に全く関係のない所でこんなことが起きている……という、壮大な世界の一面を描いた作品だったのかなと思っています。なので、連載化は無いかなというのが予想です。

 ただ、連載になったら嬉しいことは間違いないので外れてほしい予想でもあります。
 オスシが生きてる(全身が変化してドラゴンに戻ったセルビーと違って犬としての肉体が残っている)ので別種なんじゃないの?とか。
 そもそも冒頭で門が破壊されていたので悪いドラゴンが本部に攻めてきてるんだな、とか。
 戦術隊とか、各種ドラゴンとか、設定はかなり深く作りこんであるだろうな、と思うと妄想が止まりません。いやもうこの感想の9割くらいは妄想でしたけど。

 一勇の物語とか、東VS西とかはいつか見たいのでBLEACH完全版の描き下ろし短編なんかでいつか見られたらな……とは思いますが、まずは画集ですね!
 「BURN THE WITCH」が収録されたコミックスも特典で付くと発表されたので今回の読み切りが面白かった!という人は思い切って買ってしまうのもアリなんじゃないでしょうか。





このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 20:14│Comments(4)漫画感想 | BLEACH

この記事へのコメント

1. Posted by かめりん   2018年07月15日 12:45
久保帯人先生が新作!ついでに、こち亀も読み切りだけど復活!!
今回だけは、保存用と読む用で2冊買いました!!
2. Posted by 10〔管理人〕   2018年07月16日 09:07
かめりん 様
コメントありがとうございます!
記念号なので、綺麗に保存したいですよね。
私は電子版で購読しているのですが、今号は紙でも買いました。
3. Posted by 名無し   2018年07月16日 11:58
ドラゴンは死体に乗り移ることで言語を話せるようになる。なりすましてるドラゴンと死者本人は別の魂。整に戻さない(戻せない)。外国人と日本人の魂魄に差があるとは思えない。家畜みたいに利用してる。日本では殺してると言われてるが虚は基本的にはソウルソサエティに送ってる。普通は目に見えない。
これらから考えると、ドラゴンは霊体でありながらも虚とは別種族のもの。例えば、虚が霊ならドラゴンは妖怪みたいなもんじゃないかなあと勝手に理解してます。西梢局にも死神がいて虚の方はそっちが処理してるんじゃないかなあと。貴族は絶対にいるでしょうね。
4. Posted by 名無し   2018年08月13日 20:31
ゲゲゲの鬼太郎みたいでしたね

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
呪術廻戦 第18話「底辺」感想