2015年02月

2015年02月23日

「ダンジョン飯」1巻 迷宮を美味しく攻略しよう!

ダンジョン飯 1巻
九井 諒子
KADOKAWA / エンターブレイン
2015-01-15


「一時期あれほど恐ろしかった対象が こんなに脆く うまい魔物だったとは」

1月に発売したにも関わらず、今年の新作ナンバーワンとの呼び声が高い「ダンジョン飯」1巻の感想です。

○どんな話?

大迷宮・黄金城を攻略する冒険者ライオスとその仲間たちはレッドドラゴンと戦っていた。
強敵を前に「腹が減った」という欲求が顔を出し、ドラゴンの一撃がライオスを襲う。
妹・ファリンの捨て身によって全滅を免れダンジョンから脱出したライオス一行だったが、ドラゴンに喰われた彼女は還らず、金は底を尽いてしまう。
妹を助けに再度迷宮へ向かうライオスの秘策は、魔物を食べて自給自足する「ダンジョン飯」生活!
魔物を食べて十数年!ベテランのドワーフ・センシを加え、ライオス一行の「ダンジョン飯」を巡る冒険が始まる―!

表紙のイメージでは「のほほんとダンジョンを巡りながら、出会ったモンスターをおいしく調理する作品」でしたが、いきなり主人公が全滅してダンジョンを潜るための目標がすぐに立つという導入で、良い意味でイメージを覆されました。

045

ダンジョンで飯を調達しようぜ!となる前の段階から心を掴まれました。
画像のシーンは第1話で、妹を助けられるか考えているところです。
人並み以上にはゲームが好きなので、この「HPが0になったら死ぬけど生き返す手段がある」という設定を分かりやすい形で見せてくれてワクワクしました。
また、この設定のおかげで「初めての冒険でダンジョン飯を求めるぜ!」といった導入ではなかったことも、作風と上手くマッチしているように思えました。
死んで覚えるうちに、冒険の醍醐味として「食」を覚えたパーティーというのは面白いです。

また、以前戦っていて簡単に倒せる魔物ならすぐ食材にできる一方で、後半では強敵に苦戦しながらも勝利する戦いもあり、冒険のバランスが取れています。
あとはダンジョンの罠を料理に活かしてみたりなど、ちゃんとダンジョン要素も盛り込みながら、独自の「飯」要素を面白おかしく描いているなあ、と。


○貴方は食べたい?ダンジョン飯

肝心の「ダンジョン飯」は、キノコの化け物の水炊き、マンドラゴラのオムレツ、鎧騎士のフルコース(!)など個性的な料理ばかりです。
ファンタジーの食材ばかりなので作りたくても作れないんですが、もし作れても「ダンジョン飯、食べたい!」と単純には思えず、意見が分かれそうなのが面白いところです。

作中の主人公パーティーも食べたい派の2人と、食べたくない派の2人に分かれています。
欲望のままに魔物を食事にに変える食べたい派の2人は見ていて楽しいですし、
食べたくない派の2人が抵抗する様子も同じく見ていて楽しいです。

044
おいしいけど認めたくない

食べたくない派の女性エルフ・マルシルが、
食べたくないけど空腹で食べざるを得ない→食べてみたら美味しい!→新しい魔物(食材)に出会ったらやっぱり食べたくない→食べてみたらやっぱり(以下略)というの繰り返しているのを見ていると、
食べたくない派の読者の人も、食べたら意外と……と思ってしまうのかもしれません。
(私は好き嫌いなく何でも食べれるので、目の前に再現メニューがあったらたぶん食べます)

上記の画像のようにキャラクターの掛け合いも見ていて楽しいです。
マルシルはライオスに好意があってダンジョン再突入に同行する風に1話では見えたのですが、ダンジョン飯への欲望がむき出しになったライオスを変な目で見始めたのが面白いです。

ライオスは主人公なのに「食」になると頭のネジが外れるのが魅力的です。
それに巻き込まれる常識人の食べたくない派2人が可哀想でもあり、一歩引いた突き放す時のリアクションもいいですね。
このバランスが好きなので、どうか食べたくない派の2人には頑張って抵抗してほしいですし、最終的には「美味しい」と言って欲しいのでした。

現時点での大きな目標が妹の救出なのか、レッドドラゴンを美味しく食べることなのか既にわからなくなっていますが、ライオス一行にはぜひどちらも達成してほしいところです。
最終的にダンジョンのラスボスを食べるところまで見たくなった、先が楽しみな1巻でした。




「GJ部」…じゃなくて「グッドイーター」もダンジョンでご飯を食べる作品です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 22:23|PermalinkComments(0)ダンジョン飯 | 漫画感想

2015年02月22日

「ゴールデンカムイ」2巻 不死身の男、アイヌの村へ行く






「我々の戦争はまだ終わっていない」

1巻表紙の熱く描かれた杉元と対になるような、静かで美しいアシリパが表紙の2巻感想です。

○どんな話?

「不死身の男」こと杉元佐一は、ある事情で大金を欲していた。
脱獄した囚人たちの身体に彫られた刺青の地図を集めると、アイヌの埋蔵金へたどり着くことを知った杉元は、偶然出会ったアイヌの少女・アシリパと共に目的を果たそうとする。
埋蔵金を狙う陸軍第七師団の猛者が迫り、大自然が牙を剥くなか、杉元の戦いは続く―!!

主人公、ヒロインのキャラと設定が固められ目的がはっきりし、囚人のボス・土方歳三と陸軍のボス・鶴見中尉が登場したのが1巻のラストでした。
2巻では杉元と敵対勢力の戦いが描かれるだけでなく、敵勢力VS大自然の戦いがあり、アシリパの帰省があり、そしてお楽しみの食事シーンもありと、読み応えのある1冊になっています。
(帯が良い味を出していますが、脱獄王・白石が他の敵より格下すぎて北海道グルメより浮いていると思います。)

043

杉元とアシリパのこの顔がセットで出てくると笑ってしまいます。
調理シーンもなかなかグロテスクですが、食事シーンは「ゴールデンカムイ」の癒しですね。味噌のくだりも好きです。

アシリパがアイヌの村へ帰省した一連のエピソードは楽しく読むことができたので、同じような展開で再登場して欲しいものです。
しかし、割と容赦ないので村が犠牲になる不安も生まれてしまったのでした。
あと、そういう展開になると現状全く思えないこの段階でアシリパさんの照れ顔が見られたのも眼福でした。
こちらも最終的にどうなるかわからないのですが、杉元にも梅ちゃんにも救いがあることを願います。


○軍人としての誇り

042

2巻で印象的な戦いは、軍人VSヒグマです。
画像のシーンはヒグマに噛まれて内臓が飛び出た後ですが、「俺は帝国第七師団の軍人だ」と言って果敢に挑んでいきました。
ある意味では狂気じみています。
が、鶴見が語る「日露戦争で活躍をして生還をしたのに、還ってきたら放浪者だ。失ったもののほうが多くないか?」ということは軍人視点だと正論に思えます。
それを踏まえると、死を前にしてなお戦いを挑む軍人たちの姿は狂気でもあり、誇りでもあるのかな、と。
他人から正当に評価がされない以上、戦って生き抜いた強さを自分たちで誇るしかない、というような姿にも見えました。

軍人たちのボス・鶴見は2巻だけの描写を見るだけで充分に狂人ではあるんですが、杉元も囚人は殺してもいいスタンスで埋蔵金を探しているので、敵ではあるけど悪ではないという印象を受けました。
鶴見が正しいことを言うシーンでは、心なしか表情もまっすぐに見えます。
ただ狂っているだけのキャラクターではないのかな、という期待と不安が半分ずつですが、期待を少し多めに軍人たちにも気持ちを向けていきたいです。


囚人のボスが本当に土方歳三だとしたら、彼の想いも何かしら納得ができるような描写がされるのではないかなと期待をするくらいサブキャラクターにもしっかり血が通っている「ゴールデンカムイ」。
横文字は苦手なので「ヒンナ」と「オソマ」しか覚えられていませんが、アイヌの知識も身について勉強になります。
3巻は初夏とのことで待ち遠しいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 23:22|PermalinkComments(0)ゴールデンカムイ | 漫画感想

「ゴールデンカムイ」1巻 不死身の男、埋蔵金の謎に挑む






「人間を殺せば地獄行きだと?それなら俺は特等席だ」

2015年、話題の新作として既に注目されている「ゴールデンカムイ」1巻の感想です。

○どんな話?

日露戦争から生還した「不死身の杉元」こと杉元佐一。
ある事情から大金を必要としていた彼が偶然知った、アイヌの隠した埋蔵金があるという"噂"。
アイヌの少女・アシリパとの出会い、そして、敵となる死刑囚や軍人との出会いがその"噂"を現実のものに変えていく。
未だ見ぬ"死"に出会う前に、埋蔵金に辿り着くための新たな戦争が始まる―!!


1巻なので、主人公とヒロイン(?)のキャラ立てと世界設定の説明が基本になっています。
が、敵対勢力が2つあることが判明するだけでなくそれぞれのボスが出てきたり、自然界の敵として立ちはだかるヒグマとの死闘があったりと、主人公・杉元が「不死身」という異名を持っていながらも一筋縄ではいかない展開がこれからも待ち受けていることを予感させてくれます。



○命がけの戦いと…(ある意味)命がけの食事

北海道が舞台ということで、それだけで何となく親しみが湧きます。
が、時代が違うので当然、北海道でほのぼのと埋蔵金を探す話にはならないわけです。


040

1話から内臓が飛び出すことからわかるように、けっこうハードな作風です。
絵の雰囲気からも少し柔らかい作風だと思い込んでいたので、そのギャップに驚きました。

動物との戦いと人間との戦いで使える武器が違うことや、バトルヒロイン・アシリパが人間を殺したくないというスタンスから加勢があまり望めないことなど、相手によって条件が違うので「杉元が不死身だから安心して見てられる」ということにはなりません。
杉元は囚人相手なら情報目当てで殺せないこともあるけれど、敵にとってはどうでもいいので殺しにくる、必殺の毒矢を人間相手には使えない、という設定の上手さに感心しました。

1巻のバトルは、人間は卑怯だけれど、それを上回るパワーがヒグマにあるので大自然恐るべし、という印象です。

041
(ヒロインに)兎の脳みそを嫌々食べ(させられ)る杉元の図

食事をしている時だけは別の作品みたいな空気が生まれているのが面白いです。

この作品を手に取ったきっかけは、単行本を買う時にかなり参考にさせて頂いている方が単行本発売前に作品名を出して面白いと言っていたからでした。
その時に追加で事前調査をした時に、食事シーンに画像付きで触れている別の方がいて、その画像のインパクトが強かったので、先ほど言ったようにギャグ寄りの話だと思っていました。
実際はシリアス:ギャグ=9:1という感じでしょうか。

思っていたのと全然違うけど面白い、という不思議な出会い方をした作品ですが、
囚人のボスが言われている通りの人物なのか、杉元は最終的にどうなるのかなど、気になることが多すぎるので楽しみに追いかけていきたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 21:52|PermalinkComments(0)ゴールデンカムイ | 漫画感想

2015年02月20日

2015年 ジャンプ1~10号のまとめ

毎週ジャンプ感想を書く自信がないので、
せめて10冊ごとにまとめて何らかの記録を残そうという企画?です

○好きなシーンベスト5
よっぽどのことがない限り、1作品1シーンまでにします

番外編:「ハイファイクラスタ」 ハマーさんみたいなぺー太

039

作品自体は全然ちゃんと読んでいなかったのですが、最終回のこのコマがやたら印象に残りました。
このフナムシが!と言って殴るジャガーさんが次のコマに現れても何ら不思議がないほどにハマーさんです。

5位:「BLEACH」 ユーハバッハの能力名

036

ユーハバッハが冠する”A”の文字は何なのだろう、とずっと気にしていました。
クインシーの矢を象徴する「ARROW」か、統率者らしく「ALL」かなという自分が立てた何となくの予想よりもはるかに格好良いです。
ラスボスの能力が「全知全能」、こんなにハマる能力名もありますまい。
久保先生のネーミングセンスは凄いなと思わされたのでした。
和尚が卍解の前に名づけた真打も好きです。
ストーリー展開は……まあ、これから盛り上がるのでしょう。

4位:「食戟のソーマ」 磯兵衛コラボ

037

磯兵衛とソーマが作画を交換するコラボレーション企画が4・5合併号に掲載されました。
冒頭から面白すぎたのですが、「いろいろおそまつ!」で爆笑しました。
またやってほしいものです。

3位:「火ノ丸相撲」 火ノ丸、敗北

038

小柄な体格で横綱を目指す火ノ丸が、全てを尽くしたものの負けるべくして負けたという衝撃。
少年漫画で主人公が敗北するのは必ずと言っていいほど訪れる展開ですが、火ノ丸は体格の成長が打ち止めだと作中で何度も言われており、今回の敗北を経て強くなれるのか?という不安がよぎる完璧な敗北でした。
しかし、その後に火ノ丸が腐らずにすぐ復活する方向へストーリーが展開しているのが熱いです。

2位:「ハイキュー!!」 山口覚醒

035

最大の挫折を味わった青葉城西との再戦、しかも同じようなシチュエーションで覚醒する展開に痺れました。他のキャラがどんどん成長している中で、やっとか!という想いがあったものの、コミックスでいうとまだ16巻とかその辺りなんですよね。
ここでサービスエースを連発して追いついたものの、烏野はセットを落としてしまうというのがまた憎いです。

このシーンとは何ら関係ありませんが、下の名前「忠」を分解すると「中心」になるので日向たちが3年になった時のキャプテンは山口なんじゃないかなと予想しているので、サーブ以外も伸びていってほしいです。

1位:「ワールドトリガー」 ヒーロー

034

オサムの演説を1位に選びました。
どう考えてもヒーローなオサムの精神的な成長が描かれており、大規模侵攻編のエピローグとしてこれ以上ないものでした。

そして、この後に始まったランキング戦が熱いです。
やっとコミックスを全巻揃えたのでキャラクターを理解して読むとめちゃくちゃ面白いですね。
諏訪さんのヘッドショットガードとか、ユーマのグラスホッパーの使い方とか何気ないシーンにも好きなところが多いです。
週刊で三つ巴の戦いをあれだけの完成度で描けるなんて、と毎週驚いています。


○新連載
・学叫法廷
2話までは読みましたが、その後は読み飛ばしてしまっています。
(このクールの連載は3本ともちゃんと読んでいません)
小畑先生の絵は「ヒカル碁」の時が一番好きだったなと新作を読むたびに思ってしまいます。
原作の方と小畑先生が新年会で初めて会った、という巻末コメントを見てそういうもんなのかと驚きました。

○連載終了作品
・ジュウドウズ
・ハイファイクラスタ
・Sporting Salt
「NARUTO」「黒子のバスケ」が円満終了したことで新連載が継続するチャンスがまた少し増えていますが、同時期に始まった3作品とも終了してしまいました。
「ジュウドウズ」は主人公のお母さんが好きでした。
「ハイファイクラスタ」は「愛と勇気は標準装備」という名台詞的なワードを作中で連発して、最終的には登場人物に否定させていたのが悪い意味で印象に残りました。
「Sporting Salt」はカルト的な人気がごく一部であったな、と。


次回は11号~20号。
これを書いている時点で12号まで出ていますが、「ハイキュー!!」が1位確定な気がしています。



9巻ラストが熱すぎます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 23:39|PermalinkComments(0)ジャンプ感想 | まとめ

2015年02月14日

「戦国妖狐」 迅火を救うヒントが「散人左道」にあるかも、という話

戦国妖狐 14 (BLADE COMICS)
水上 悟志
マッグガーデン
2015-02-10





道錬が表紙の「戦国妖狐」14巻が発売しました。
千夜青年編が始まってから5冊目にして、道錬が2回目の表紙を飾っています。
1回目の12巻はムドがメインとはいえ、青年編単体では千夜がまだ1回しか表紙に出てきていないので、主人公を超えてしまいました。
VS神雲の結末といい、運命力が強すぎます。

水上作品に出てくる「運命力」という概念については
「惑星のさみだれ」 「願い事」と運命の強さの話
「惑星のさみだれ」 "ライバル"東雲三日月について
この辺を読めば何となくわかるような感じがします。
あと、「戦国妖狐」でも12巻の1話目で少し補強されているので、水上先生の作品ファンなら何となく理解できている概念かと思います。


「スピリットサークル」と内容が上手く分かれてバトルに特化していることや灼岩の救済など色々語りたい内容がある14巻ですが、
今回触れるのは、ヒロイン・月湖の戦闘シーンです。

033

黒月斎から授かった呪具が披露された一連のシーンの1コマ。
月湖が披露した戦い方は、呪具のひょうたんで闇(かたわら)の力を呪符で吸い取る、というものです。
こうすることで殺さずに無力化できると。

ちなみに、吸収した力はマントの呪符を伝って地面に流すようです。
(ひょうたんで吸収して溜めるとすぐ割れてしまうんでしょうか。)
そして、流れた力は地面に植物を生やすほどの生命力がある、と。

そういえば、黒月斎のひょうたんが千本妖孤を救う鍵になると言われていました。

029

つまり、月湖の戦い方に何らかのヒントがあるという考え方ができます。
力を入れ物に封じて、残った力は植物になる……
と、ここで気が付いたことが1つありました。
何か見た事あるぞ、と。

水上先生の初連載「散人左道」でラスボス・無限を封印したシーンがそれでした。
無限の首を撥ねた主人公・左道は…

030

力の入れ物(まねき猫)に無限の本体(?)である頭部を封印します。
(一応、月湖と同じでマントを介しています)

無限の残った身体は…

032



031

大木になりました。

月湖の戦い方と似ている気がします。
敵の力を入れ物を使って分ける、という点はまんまです。
月湖が呪符のびっしり張られたマントを装備したのと、フブキの最終形態がマント(黒布という呪具)を装備しているのも似ています。
(闇の力が大地に流れると植物が生えるのと、無限の残りカスが大木になったのは月湖と左道の戦い方云々というよりは、そういう基本設定のように思えるので、ここで関連付けるのは若干こじつけくさいですが)

「散人左道」の主人公・フブキは左道黒月真君の称号を継いでおり、
「戦国妖孤」で黒月斎が月湖に教えた戦い方は「左道(ズル」と自称しています。
やはり初代の左道黒月真君は月湖なんでしょうか。

ちなみに、どちらも相手を殺していません。
無限と千本妖孤の霊力差は比較にならないレベルですが、「散人左道」の描写を見るに月湖の戦法は大物にも使える可能性があると思う事にしました。
なので、千本妖孤の救い方はフブキがやった方法に近いものんじゃないかと14巻を読んで何となく思ったという話でした。


「散人左道」には山戸家という名前が出てきたり、「左道」と設定が完全にリンクしていることが「百鬼町」シリーズ(短編集に載っています)に風祭家と雷堂家がいたり、「戦国妖狐」に「左道」の斉天大聖らしいのが出ていたり、月湖の短刀が「百鬼町」のあらじさんの射叫だと予想されていたり、etc……
「戦国妖狐」が「左道」「百鬼町」シリーズのルーツになっているのは間違いないと思うのですが、ここにきてまた1つ繋がりが生まれた(気がする)ことに嬉しくなりました。




3冊の短編集で一番好きです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 22:32|PermalinkComments(0)戦国妖狐 | 考察みたいなもの