花侍のサハラ

2016年10月23日

花侍のサハラ 最終話「花の咲く世界」 感想

「この闘いの終わりは必ず…花の咲く世界だ…!!!」

芝田優作先生の連載2作目「花侍のサハラ」がジャンプGIGAの最終号に合わせて4話で完結しました。
「ヨアケモノ」は未だに大好きですが、2作目の連載には期待と不安を感じていました。しかし、そんな不安半分を期待に全部塗り替えてくれた1話から4か月があっという間に過ぎました。
最終話を読んだ感想を一言で表すと、「最高」です。今まで読んできた1巻完結の作品と並べてもベスト5に入るくらい好きです。

3話の感想が雑すぎたので、最終話感想はなるべく色々なことを書きたいです。

○大皇具足の終わりと、始まる過去の物語


サハラはヤエの助太刀によって大皇具足の懐へ飛び込み、破壊に成功します。
しかし、戦いは終わらず、人型の異形が現れて―
ここからついに、1話から仄めかされていたサハラの過去が明かされます。
女性剣士・霞ヨシノが研究者のサハラを守るために現れたこと。
正宗センジという「もう一人の天才」がサハラの命を狙っていること。
脅威を増す自動具足に対抗するためにサハラが「花刀」を作り、彼を信じたヨシノが「花侍」になったこと。
しかし、その「花刀」はヨシノの肉体を蝕んでいたこと。

3話までに描かれた断片的な情報―例えば
①「花侍」は身体が崩れ去って死んだ(3話)、
②サハラが女性を抱えて絶望しているシーン(1話)、
③ヨシノの姿がはっきり描かれている(3話)
―これらの情報からこの展開は予想できたはずなんですが、
サハラがあまりに強いので、侍ではなく研究者だという発想がなくて良い意味で騙されました。
「花刀を作ったのは世界をこんな風にした奴」という2話の独白は見事な伏線ですね。
108年かかって、研究者から侍になれた(それだけの強さを得られた)というのは納得しかありません。
そしてヨシノさんが可愛いのがまた良いですね。

thumbnail_FullSizeRender

台詞無しの1コマしか描かれていませんけど、頑張って料理をしてみました的なシーンが良すぎます。
もしヨシノさんが料理下手なら2話冒頭のヤエちゃんが料理上手いシーンが活きるので上手すぎる回想だな、とも思うのでした。


○正宗センジの執念

過去の悪夢から目が覚めたサハラは、ヨシノと自分が「花侍」になる元凶となった男・正宗センジが異形の姿で蘇ったことに衝撃を受けます。
108年の時を経て普通の人間では無くなったサハラと正宗は、互いの能力を振るって激しい戦闘を繰り広げるものの、大皇具足から「無限の力」を受けた正宗が次第にサハラを圧倒し―

最終戦となるサハラVS正宗は、これまでの大型の化物との戦いとはガラッと変わり、人間サイズ同士の戦いになりました。が、花刀を模倣した正宗の力が派手で、これまでの戦い以上に迫力があります。「菫の形」の展開状態なんかは正宗用に合わせてデザインしたんだなとわかるくらい似合っています。正宗はエビみたいであんまり格好良くないなと思っていますが、「菫の形」を武装したコマは良いですね。
あと、お互いに同じ能力を使っていたり、研究者だった108年前からは想像できないお互いの力をぶつけ合っている共通点があって、会話をしながら戦っているのが面白いです。本質は頭を使う方なんだな、という感じがすると言いますか。

余談ですが、最後まで読み終わってから、砂漠の世界、サハラのガスマスク、正宗の異形などを見て若干の「マッドマックス」っぽさを感じました。
(芝田先生はツイッターで、4DX上映を見て興奮した話などを呟いていました)

○花侍の死と闘いの終わり

正宗の渾身の一撃が振り下ろされる瞬間、ヤエが「アタシが守る!」と言いサハラを守ろうとする。
サハラは再び過去の記憶を思い出し、ヨシノの最期を思い出す。
「ボクを信じて」と言い続けたサハラを信じたヨシノは、
正宗の一撃から彼を守り、その想いを胸に花となって散った。
サハラは「花侍」となって闘い続けることを誓う。
そして108年が過ぎた今、最後の敵・正宗を前にサハラもまたかつてのヨシノのように―

全ての過去が描かれ、正宗との戦いはついに決着します。
サハラがここで言う「ボクが散っても意志は残る」からのくだりは、いかにも少年漫画の主人公が言いそうな言葉なんですよね。
これを散り際に言っていたら、まあ少年漫画ならそうなるよねくらいの感想で終わるんですけど、この作品の何が最高かというとヤエちゃんがサハラの意志をここで否定するところです。
サハラはヤエと出会ったばかりの頃に花の意味を「大切な人を送るため」と言いました。
「亡くなった人を送る為に花がある」と教えられたヤエちゃんが、サハラに同じことを返すわけです。
3話感想でも少し触れましたが、サハラが1人で戦って時代が過ぎるなかで鴇色家が代々繋いできたものが108年経ってサハラとやっと交わったというのは最高なんです。
これが4話でも改めて描かれたのが本当に嬉しいです。
サハラから送られた言葉を、100倍の熱量で返すヤエちゃんに胸が熱くなります。


thumbnail_FullSizeRender

というか、この2人の顔が素敵すぎてここでもう泣いてました。
ほぼ閉じた右目しか描かれていないのにサハラが笑っているのがわかる、という芝田先生の画力の凄さが無ければ成立しない名シーンだと思います。凄いです。

さて、そろそろ終わります。
「花侍のサハラ」は、いかにも死にそうなサハラが本当に死んでしまうのか?というのが1つの着目点でした。
ヤエちゃんの想いの力で正宗を打ち破ったサハラがやっぱり死んでしまう可能性もあるわけです。
ここまでネタバレに配慮も何も無い感想でしたし、最高ですと連呼しているので結果はわかりきっているようなものですが、ラストページはぜひご自分の目で確かめてほしいです。
何回読んでも泣いています。

単行本が出た時にも何か書けたらいいなと思っています。
ヨシノさんの可愛い姿や、正宗のコンプレックスの根源など、気になっている点が「ヨアケモノ」のコミックス描き下ろしのように掘り下げられる可能性に期待しています。

この1年間は、「ヨアケモノ」完結の半年以上後に描かれた読切「ZIPPO!」の連載がなかなか始まらないことが辛かった年でした。
ある日、「花侍のサハラ」の初報が出て、増刊の読切か…と少し落ち込んで、しばらくして連載だということがわかり、1話の電子版を発売日の0時に買って読んで最高だなと噛み締めて、見開きをちゃんと見たくて紙でも買って、2話も面白くて、3話も良くて、最終話が今まで読んできた漫画の中でも屈指の最高の終わり方をしてくれて、芝田先生のファンでよかったという気持ちでいっぱいです。
GIGA4号発売から数日経っていますが、毎日読み返してはラストページで涙目になったり泣いたりしています。
芝田先生の連載3作目はぜひ「週刊少年ジャンプ」で!と期待しつつ、「花侍のサハラ」という作品と出会えたことを一生大切にしたいです。
コミックスも電子版と紙版で買うぞ!!

ジャンプGIGA 2016 vol.4 (未分類)
週刊少年ジャンプ編集部
集英社
2016-10-20



このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 22:58|PermalinkComments(0)

2016年10月19日

花侍のサハラ 第3話「大皇具足」 感想

「世界を返してもらうぞ!!」

「花侍のサハラ」3話感想です。
あと3時間半で最終話の掲載された電子版ジャンプGIGAが発売します。
2話の感想は読後1分で書き始めたのにどうしてこうなった。

さて、2話の最後で「世界樹の谷」に辿り着いたサハラとヤエを待ち受けていたのは喋る自動具足……ではなく、人が乗って動かすことのできる「機甲具足」でした。
技術の発展について考えると、確かに自立して動く鎧の化け物のベースとして、人が動かす鎧があったと考えると自然ですね。これは盲点でした。
そんな機甲具足に乗っていた人物は、なんとヤエのおばあちゃん・鴇色カエさんでした。
おばあちゃんと初めて会うヤエちゃんの喜びが眩しいです。

カエおばあちゃんとの出会いによって、サハラが108年前から戦い続けていたことが判明します。
ラスボスの大皇具足が世界樹の谷を侵していることなど、終盤に突入して色々と設定が明かされていきますが、ここで注目したいのが、サハラが長寿だと判明して1話からの積み重ねが活きた、ということです。
1人で戦い続けてきたサハラと、1話でヤエが、2話でカンイチ(父親)が、3話でカエ(祖母)が描写され、戦い続けてきた鴇色家の道がここで交わるんですよね。
ヤエちゃんの「アタシが守ってやる!」という言葉は、自動具足の恐怖に負けた世界で、血を繋いで戦い続けてきた一握りの人間が一人で戦い続けてきた花侍を救った瞬間なのではないかな、と。
それにしても、(全4話で終わると決まっているからこそ)2話も3話も狭い人間関係で攻めてきたのがサハラの長寿設定とバッチリ噛み合った時は唸りました。

帰ったら怒られるというあたり、生きるのを諦めていないサハラは楽観的なのか、若い肉体のままだから死の実感がないのかわからないのが引っかかるところですが、彼が死んで終わるような悲しい結末にはならないでほしいところです。
大皇具足の中に眠る男が目覚めて最終話へ続きます。いったいどこの正宗なんだ…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 21:04|PermalinkComments(0)

2016年08月20日

花侍のサハラ 第2話「世界樹の谷」 感想

「父さんの他にもいたよ……この世界を諦めていない人が」

第1話が最高に面白かった「花侍のサハラ」。
2話を読んだので電子版発売直後ですが早速感想を書いてみます。
掲載順3番目+次号センターカラーということで、GIGA1号の中でかなり良いアンケート結果だったと考えてしまうのはファン心理が過ぎるでしょうか。

1話では舞台設定を極力説明せず、絵で見せてくれたのがとても良かったのは前回の感想に書いた通りです。
しかし、やはり何回も読み返して設定も気になってきていたので、今回冒頭で説明が入ってくれたり、ヤエがサハラの「花刀」の秘密に迫ろうとするなど細かい所の描写があり、2話で世界観が深まった/今後深まるのが示唆されたのが2話の良いところの1つですね。

冒頭の料理のシーンなんかも世界観を深めてくれています。
1話で日銭を稼いで食いつないでいるサンジュウロウが描かれているので、ヤエが料理を作って彼が美味しそうに食べるという何気ない1シーンが1話から上手く繋がっています。
父を亡くしたヤエがどうやって生きてきたのか?というヒントにもなっていますし。


0001

なんかツボです。かわいい

荒廃した世界で希望が無く生きる人々も、そういえば1話では描かれていなかったのですね。
1話は飛行船に乗って別の場所へ移動できるくらい裕福な人達なので、今回みたいにサンジュウロウが深く関わって助ける必要がなかったわけで、設定の掘り下げに合わせて2話でこういう人たちが出てきたのが本当に上手いなと。
でもって、悪い人達ではないのでサンジュウロウ達に最初厳しく当たったところから、助けられての謝罪もスッと入ってきました。なんかもう、徹底して無駄がなくて凄いですね、サハラ。


0002

あと、何といっても2話も戦闘描写がいいですね!
50体以上の敵が出てきて、ヤエが絶望する一方で、サンジュウロウが希望を抱くシーンはめくりの効果と合わせて最高です。コマの大きさの強弱もあり、演出としてはこの上ないですね。
新たに登場した「花刀」の型が銃だったり槍だったりと、ハッタリが効いているのが見た目で楽しいです。
戦闘描写もそうですけど、ヤエの色んな表情や髪形のバリエーションを見ると、前作から更にパワーアップしている芝田先生の絵がやはり好きだなと思うのでした。

しかし、面白さとは裏腹に展開が早いです。今回もう最終目的地に足を踏み入れてしまいました。
連続刊行される4号で区切りがついて全1巻なんでしょうか。


芝田作品ワールドが既に完成されていて、「獣刃」が存在するかどうかで幕末から「ヨアケモノ」と「花侍のサハラ」に分岐するとか妄想してしまいます。
浅葱という新撰組の羽織の色を冠した名前の侍キャラが出たりとか、やはりどうしても「ヨアケモノ」を意識せずにはいられないのでした。
浅葱の服は函館で土方歳三が着ていた服に似ている気がしますし。

先述したように3話はセンターカラーです。
芝田先生の美麗イラストが見られることに期待しつつ、
喋る自動具足という気になる奴が出てきて引きが素晴らしいので、3話の内容にも期待しつつ、また1か月待ちます。




このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 01:11|PermalinkComments(0)

2016年07月20日

花侍のサハラ 第1話「砂原」 感想

「だから この花を守って」

「ヨアケモノ」の連載からちょうど2年後に始まった、芝田優作先生の2作目の連載となる「花侍のサハラ」第1話の感想です。
読み切りの「ZIPPO」からは1年くらいでしょうか。連載化するのを待ち望んでいましたが、それと同時に不安が大きかったのも本音です。なぜなら、今のジャンプ本誌は非常に層が厚く、新連載が生き残ることが困難だからです。
でも「ZIPPO」面白いから連載化しそうだな、また短期で終わってしまうのかな……と思いながら新連載は始まらず1年近くが経ち、NEXTに次ぐ新増刊が発表され、芝田先生の名前があり、読切だと思っていたら連載!という予想外の展開に驚きの連続でした。

そしてついに始まった「花侍のサハラ」、これは期待以上の面白さです。
本編には予告カットを見た時以上の興奮が詰まっていました。


○砂漠に花を咲かせる侍

第1話は、「花刀」と呼ばれる変わった刀を持つ砂原サンジュウロウと、古代の遺物と化してしまった本物の「花」を持つ鴇色ヤエの出会いが描かれました。

sa01

魅力的な主人公とヒロインというのはとても良いです。大好きです。
主人公のサンジュウロウは時折、少年のような顔になるのが好きです。ヤエは桜を見て急に女の子らしくなった所で好きになりましたし、読み返すと胸を揉まれて殴ったあとはすぐに助けてもらったお礼を言っているのが良いですね。
それと、お互いの言葉を聞いて大切な人を思い出すという描写がそれぞれの視点であったことが、対等な感じがして細かいながら好きな描写です。
あと個人的には蛇腹剣(「BLEACH」の恋次みたいな剣)が大好きなので、「朝顔の形」がめちゃくちゃ好きです。

世界観の説明を長々として終わり、ではなく、絵で世界観を見せつつ2人の出会いと関係性の構築に終始しているのが思い切った構成ながらも良い方向に作用していると感じた第1話でした。
過去に大きな戦いがあり砂漠化してしまった世界で何とか生きる人々、それを脅かす自動具足とよばれる化け物、「花」に特別な想い入れを持つ主人公とヒロイン、サンジュウロウのまっすぐさ、そして芝田先生の画力を存分に活かした巨大な敵とのバトルと美しい見開き、と光る要素がいくつも見られます。
中盤で登場したテロリストも、ニコッと笑って「殺せ」と言えるキャラクター性が好きなので、世界観の説明と、サンジュウロウと自動具足のかませ役で出てきたようなものでしたが、個人的にはありでした。
という感じで、本当に無駄のない1話です。

絵で見せるというところでは、3ページ目に大きく描かれている建物が縦に積みあがっていて、土台となる岩?に結界のような飾りが張り巡らされているのが「そこにしか住めない」ことを絵で納得させていて好きな描写です。

そもそも「花刀」って何だ、とか、右目が隠されたサンジュウロウ=主人公のことがまだまだわからないことが多いです。数コマだけ描かれたサンジュウロウの過去回想で右目に刀傷らしいものが見えることや、「桜の形」の形が禍々しいのが、彼の明るい性格とは全く逆の過去を持っていそうで気になりつつ、この辺りの話がじっくり描かれるくらい人気が出ることを祈りつつ、という感じです。


○2作目の連載として

2作続けて「侍」が主人公となりますが、「花侍のサハラ」は「ヨアケモノ」と比べてみると1作目からの進化が見てとれる内容でした。
やはりまず大きい所としてはヒロインがいるところでしょう。
これは進化というかただの相違点ですが、画面が明るい気がします。先ほども言いましたが、桜を見てからのヤエは序盤とのギャップもあって良いです。

主人公のサンジュウロウと刃朗が大きく違うのは年齢です。
理解ある大人が主人公だと1話でここまで話を進めるのか!というのが正直な印象です。
「難しいことはわからない」が口癖の刃朗は、1話から最終回まで「新撰組?」「長州?」「坂本龍馬?」というように何1つ大事なことを知らず、主人公にも関わらず無知を売りに最後まで駆け抜けました。
一方のサンジュウロウは自分の使命を持って砂漠化した世界で生き抜いていて、ヒロインを守ることが自分の目的に繋がる、という所まで理解して1話目で最終目標まで設定し終えてしまいました。

sa02
(今回のMVP・わかったおじさん)

逆にヒロインが「全然わかんない!」と言っていますが……ファンサービスなのでしょうか。
あと「無言での頷き」や、同じおじさんが2回「わかった…!」と言っていて、「ヨアケモノ」を思い出すシーンがいくつかあったのを報告しておきます。

あと、やはり画力が高いのは「ヨアケモノ」から変わらず、どころか進化しており、改めてすごいと感じたところです。
電子版だと美しい「桜」の見開きが1ページずつに切れているので、非常に勿体ない経験をしました……。
早く紙でも読みたいです。


「花侍のサハラ」が短期連載なのか、人気によっては2冊以上出たり、ジャンプ+行きもあり得るのかが気になるところです。とりあえず4回のうち1回はカラーも見れると嬉しいですがはたして…?

第2話が載るジャンプGIGAは8月20日発売ということで、首を長くして待ちます。


ジャンプGIGA 2016 vol.1 (未分類)
週刊少年ジャンプ編集部
集英社
2016-07-20



このエントリーをはてなブックマークに追加
comic_review_10 at 23:49|PermalinkComments(0)